雨ゴルフの服装は何を着るのが正解?レインウェアの必要性と雨の日マナー

雨ゴルフ

ゴルフを予定していた日が雨予報だったり、ゴルフの当日に雨が降っているという経験はゴルファーであれば一度はあるのではないでしょうか。
ゴルフの予定が決まると天気予報とにらめっこし、ソワソワしている方も多いと思います。
天気の良い日にラウンドをしたいものの、雨などの天候不良はゴルフにはつきものですよね。

天候不良の場合、ゴルフ場が営業をしない「クローズ」を判断する場合もありますが、雨でゴルフ場がクローズになるのはかなりレアなケース。
台風の進路上にゴルフコースがある場合や、大雨警報などの警報が出ていて安全の確保が難しい場合にクローズになるそうです。
プレーをする側がゴルフ予約をキャンセルしない限り、ちょっとやそっとの雨でゴルフがなくなることはありません。

雨降りのラウンドでは「雨の影響でスイングが乱れる」や「ダフりやチャックリで大叩きしてしまった」など苦い経験をした方も多いと思います。
このような雨の日特有の「回りにくさ」を回避するには、雨でも快適にラウンドするための服装や持ち物の準備が必要になります。

雨ゴルフは雨に備えて持ち物や服装を知ることで快適さが変わります。雨ゴルフでも回りやすくするためのアイテムをご紹介したいと思います。

雨のゴルフに必要な服装と持ち物

レインウェア着用ゴルフ

雨ゴルフでも、雨量が少なかったり、小雨で降ったり止んだりなど雨が気にならない時は、カートに備え付けられているゴルフ用の傘を使用してプレーをすることがあります。
ただ1日雨が降り続いている、雨量が多いなどの場合は、雨の日に対応した準備をしなければ快適なゴルフプレーは望めません。
雨のゴルフで準備しておきたいのは、

  • レインウェア
  • 雨用帽子
  • 防水加工されたゴルフシューズ
  • 全天候型グローブ
  • 替えのゴルフウェア
  • タオル
  • カイロ

になります。

雨のゴルフで必要な物はわかったけど「具体的にどんなものを選ぶといいの?」「なぜ必要なの?」といった疑問があると思いますので詳しく解説していきます。

レインウェア

ミドル世代のゴルファーの間ではカッパや雨合羽といった名前で呼ばれることも多い「レインウェア」。メンズゴルファーのレインウェアの主流は、ジャケットとパンツが別々になっている上下セパレートタイプです。
雨の量や降り方にもよりますが、少しでも雨が降っている日にはレインウェアの着用をお勧めします。
その理由は2つ。

  1. 服が濡れることでスイングがしづらくなりミスショットや飛距離ロスに繋がる
  2. 体が冷えてスイングリズムの崩れや体調不良の原因になる

「カッパを着るとスイングがしにくい」という声が聞こえてきそうですが、傘だけでラウンドするとショットやパットをするときに服が濡れてしまいます。服が濡れると体に張り付いたり重くなったりするため普段のスイングができなくなり、ミスショットや飛距離ロスに繋がるということがデータでも証明されています。ゴルフウェアを濡らさないことの大切さがわかりますよね。
また、雨の日は気温が低くなることが多いので、服や体が濡れると体を冷やす原因になります。体が冷えると体の捻転が浅くなりスイングリズムが崩れやすくなります。それだけでなく冷えからくる体調不良や風邪の原因になる恐れも。体調管理はもちろん、いつもと同じリズムでスイングをするためにはレインウェアが必要です。


余談ですがレディースのレインウエアには、セパレートタイプとワンピースタイプの2種類があります。女性らしいデザインの多いワンピースタイプは、レディースゴルファーに人気があります。

雨用帽子

雨用の帽子には、主にレインキャップとレインハットがあります。キャップは前側だけにツバがあり、ハットは360度ぐるっと1周ツバがあります。
レインウエアを着用している時やスイング中は、普通の帽子だと雨が染みてきて頭が濡れてしまいます。頭が濡れるだけだと思っていると、髪が濡れたことで顔に雨がしたたりはじめるのでプレーに集中できずショットが乱れてしまうという落とし穴があります。思っている以上の影響があります。
また、最近ではゴルフ中もマスクやフェイスガードをしている方が多いので、頭やマスクが濡れることを防ぐためにもレインキャップやレインハットなど、雨用の帽子を使用することをお勧めします。

防水加工されたゴルフシューズ

雨のラウンドでレインウェアと同等に必要なのは「防水シューズ」です。ゴルフコース上には芝が敷き詰められていますが、ゴルフ場によっては水はけがイマイチなコースもあります。
フェアウェイが水たまりになっているということもよくあるので、すぐにゴルフシューズの中が水浸しになってしまいます。
靴の中が濡れるとスイング中の足のズレがおき、スイングの上下運動やスエーに繋がってしまいます。また踏ん張るためのグリップ力も弱まりますので、雨の日のゴルフに防水シューズは必須です。
もしお手持ちのゴルフシューズが「防水シューズではない」場合でも、防水スプレーがあれば解決です。
ゴルフの前日に防水スプレーをゴルフシューズに十分な量を吹きかけ乾かしておけば、一時的ですが防水加工が施されます。ちなみに、プロゴルファーは雨の日のラウンドに防水スプレーを1本近く使うそうです。

雨用グローブ

グローブはゴルフをする上で欠かせない道具の1つです。手とクラブをつなぎ、グリップが滑らないようにするために着けます。
グローブが雨で濡れるとグローブ自体が滑ってしまうので、グリップ力の低下につながります。スイング中にグリップが滑ると体がそれを修正しようとして、よくない軌道のプレーンでクラブが下り、飛距離ダウンやダフリの原因になります。
雨のゴルフの日にも安定したショットを繰り出すためには、雨にも対応した全天候型グローブや乾いたグローブの替えを準備していると安心です。
全天候型グローブにはたくさんの種類があります。その特徴は様々で、水に濡れることでグリップ力が増すものや生地の凹凸を利用しグリップさせるなどあります。また手の甲部分に優れた通気性のあるものが多いので、汗をかく量が多く手汗が気になる方にも全天候型グローブはお勧めです。
ただ、グローブは手とクラブをつなぐ大事なアイテムになるので、グローブを替えることで違和感が生じる場合もあります。ちょっとした違和感はスイングの乱れになります。天然皮革の手袋を使用している方や全天候型グローブが手に馴染まない方は、いつも使用しているグローブを2枚~4枚準備するのがおすすめです。
濡れても大丈夫なゴルフグローブを使用するか、濡れてしまったら乾いたグローブに交換するといった対応がいつものゴルフスイングに繋がります。
全天候型グローブも替えのグローブもない!という方もご安心ください。ゴルフ場には濡れた衣類(カッパ・グローブ・帽子)を乾かす乾燥室があります。ハーフ休憩の時に濡れてしまった物を乾燥室で乾かしましょう。

替えのゴルフウェア

雨の日は大なり小なり着ている衣類が雨に濡れます。中でも靴下は、雨を多く含む芝を歩きまわるので濡れやすいアイテムのひとつ。替えの靴下が1足あると安心です。
またスイング中は肩が濡れやすいので、ポロシャツやトップスの替えを1枚持っていきハーフ休憩で着替えられると快適なスイングや体の冷え防止につなげることができます。


タオル

雨の中ゴルフをしていると、傘を差していてもカッパを着ていても歩いたりボールを打ったりしているうちに、グリップやクラブが濡れます。顔や手、腕なども雨でベタベタになります。
また雨ラウンドはダフりやすいので、ボールを打った瞬間に土や雨水が顔にかかってしまうことがあります。
ハンドタオルやフェイスタオルぐらいの大きさのタオルを持っておくと、グリップを拭いたり顔や手を拭いたりできるので便利です。
キャディーバッグに付けたり、カートバッグに入れておけるコンパクトな大きさのものが良いです。


カイロ

ゴルフ場は山に作られていることが多く、平地よりも気温が低くなります。とくに雨の日は気温がグッと下がるので注意が必要です。
肌寒いと感じる日にはカイロを持っておくと、急な温度変化にも対応できます。雨の日は手が濡れやすいため、滑りや冷えによってしっかりとグリップすることができなくなります。
また、それを防ごうと知らないうちにグリップ圧を強めてしまうということも起きますので、ポケットにカイロをいれて手を温め正しいグリップ圧で握れるようにすることが大切です。春先や秋口などちょっと肌寒くなってくる季節の雨ゴルフに役立ちます。

雨ゴルフのレインウエアを選ぶポイント

雨の日ゴルフに必要な持ち物の中でも一番大切なのは、レインウェアです。レインウエアは安価なものから高価なものまでありますが、レインウェアの値段の違いは「数値」と「機能」と言っても過言ではありません。
数値と機能が備わっている防水性能の高いレインウェアほどお値段が高くなります。

レインウェアの数値

レインウエアには水の圧力に耐えるための耐水圧と、レインウエア内の蒸れを外に逃がす透湿性があります。この耐水圧と透湿性の数値が高いほど、よりしっかり雨から濡れるのを守ってくれるということになります。

【耐水圧】
1cm四方の生地がどの程度、水の圧力に耐えられるのかという数値が耐水圧です。耐水圧は上から降ってくる雨の圧力に対する意味合いと、生地自体にかかる圧力に対しての意味を持ちます。一般的に数字が大きければ大きいほど水の圧力に耐えることができ、水が生地の中に入ろうとするのを抑えてくれます。
ゴルフで使用するレインウエアの耐水圧の数値は、最低でも10,000mm以上あるのが望ましいと言われています。ゴルフは雨や風の影響を受けやすく、歩いたりスイングしたり、しゃがんだり・・と運動量の多いスポーツなのでより高い耐水圧が求められます。

【透湿度・透湿性】
生地内の水分をどのぐらい外に出せるのかという透湿性を数値で表したものが透湿度になります。雨の日の湿気や汗でレインウエアの中が蒸れてしまい、肌にベタっと張り付くのを防いでくれる役割を果たします。透湿性も耐水圧と同様に、数値が高いほど蒸れにくくなります。
ゴルフで必要な透湿度の目安は以下の通りです。

  • 8,000g以上=蒸れにくい
  • 10,000g以上=ベトベトになりにくい

耐水圧と透湿性の数値を参考に、雨ゴルフで使用するレインウェア選びの参考にしていただけたらと思います。

レインウェアの機能

ゴルフ用のレインウェアには通常の雨合羽と違い、雨でもゴルフをしやすくするための様々な機能がついています。機能が多いほど雨ラウンドをスムーズにこなせます。
【ゴルフ用レインウエアで付いていて欲しい機能】

  • 背中ベンチレーション→衣服内が蒸れるのを防ぐ。
  • 袖が切り離せる→肘から手首までを外せることでスイングのしやすさに繋がる。
  • パンツの長さ調節→総丈の調節機能があるとで、裾直しの手間を省く。
  • トップス裾や袖口、パンツ裾口のマジックテープ→雨の侵入を防ぐ。
  • 防水加工ファスナー→隙間からの雨の侵入を防ぐ。
  • 3Dカッティング→生地自体が立体的なのでスムーズな動作に繋がる。

レインウェアの中の服装

レインウエアの中は、ポロシャツを着るの?ズボンは穿く?など何を着用すればいいのか疑問に思う方も多いようです。実際に私の知り合いは、レインパンツの下にはズボンを穿かないといった方もいます。
様々な意見がありますが、レインウェア着用時でもゴルフ場のドレスコードを守ることが正しいです。ポロシャツやネックシャツを着てズボンを穿き、その上にレインウエアを着用すれば問題はないです。ただレインウェア内は蒸れやすいので、薄着にし通気性の良い生地を選ぶと快適です。
雨が降っていても急に晴れたりするので、夏場などはハーフパンツの上にレインパンツを履くと着脱がしやすくおすすめです。
また、レインウエアを着用していても足元は濡れてしまいますので、パンツや靴下は白など色の薄いものを避け、汚れても目立たない黒などを選ぶのが見栄え的にも良いです。
ゴルフは格式の高い紳士のスポーツですので、雨の日でも他のプレーヤーが見て気分を害さないことが大切です。

雨の日に守らなければいけないゴルフ場のマナー

ゴルフはマナーを大切にするスポーツです。雨の日にも守らないといけないマナーやルール、ドレスコードがあります。
雨のゴルフ場

雨ゴルフ マナー1:レインウェアを着用したままクラブハウス内に入らない

クラブハウス内やレストラン内でのレインウエアの着用はマナー違反になります。クラブハウス内は高級ホテルのロビーだと考えると、カッパを着たまま入らないですよね。クラブハウス内は格式の高いフォーマルな場になりますので、レインウェアのまま入らないように気を付けてくださいね。

雨ゴルフ マナー2:ゴルフ場への入退場はジャケットと革靴

雨の日でもドレスコードに例外はなく、ゴルフ場へ行く際にはジャケット着用と革靴が必須になります。革靴は水に弱いので、合成皮革の靴をお勧めします。

雨ゴルフ マナー3:長靴はNG

雨だからと言って長靴を履いての入退場やゴルフプレーはNGです。作業をイメージするようなワーク要素の高いアイテムはゴルフ上のドレスコードに引っ掛かります。

ゴルフはマナーやドレスコードを大切にする紳士淑女のスポーツです。雨でもゴルファーには格調の高さが求められます。
(※ゴルフ場によってドレスコードやマナーが異なりますので、利用するゴルフ場に事前確認することをお勧めします)

雨ゴルフについていかがでしたが?
雨の日のゴルフは傘を差したり、濡れたグリップを拭いたり、キャディーバッグにカバーをかけたりなど細かな仕事が増えますよね。
いつもと同じようなリズムでラウンドするためにも、雨に対応した服装や持ち物の準備を万全にすることが大切です。
ゴルファーにとって雨のゴルフは避けられないので、少しでも快適にプレーができるように心がけマナーを守って楽しいラウンドにしてくださいね。

大きいサイズのゴルフウェア、ゴルフブランド
大きいサイズのゴルフウェア、ゴルフブランド

シェアする

「大きいサイズのゴルフ」カテゴリーの記事

無料メールマガジン:MID e-NEWS 無料登録 / 解除

※大きいサイズのメンズ服、お得なイベント、お役立ち情報を無料配信!登録も解除もいつでも無料!

登録
解除