劇的に足臭が改善する!ミッドスタッフがリアルにやってる100円均一アイテム活用術!

2018年06月05日(火) 運営:大きいサイズのメンズ服専門店ミッド
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ミッド体臭お悩み室の青木です。
ひと通りの対策をしてきたにも関わらず足のニオイが深刻な方は、もしかすると足クサの原因と解決策がミスマッチなのかもしれません。

青木も足のニオイが高校生くらいからずーっと臭くて、脱いだ靴にギッシリ10円玉を詰めたりしたものです。
銅にあるという殺菌パワーにすがろうとしましたが、足クサは治りませんでした。
私自身とても悩んでいた足のニオイですが、実は足のニオイの元ってそもそも、大きく分けて3つありました。

・足そのものがクサイ
・靴下がクサイ
・靴がクサイ

それぞれの原因を解決しないと、足も靴下も靴も相互にニオイ移りしてしまいます。
先程の青木の例だと、必要だったのは靴のニオイ対策ではなく、足のニオイ対策でした。
逆に足がキレイで無臭の人でも、ニオイ原因がある靴を履けば足も靴下も全部臭くなります。

そこで今回は、足・靴下・靴それぞれの防臭対策をご紹介しますね!

解決策:足がニオイ元の場合

足は身体の中でも汗を特にかきやすい場所。靴や靴下の中が高温多湿な環境なので角質(アカ)が多くなります。
足が臭くなるのは、この角質(アカ)などをエサに細菌が増殖するためです。
細菌がニオイ物質を出すので足から「細菌」と「細菌が繁殖する環境」をなくす必要がありますね。
だから対策ポイントは3つ!

1.角質は、床のブラシでツルリと取れる(細菌のエサをなくす)

ブラシ
かかとや足親指の付け根にできがちな、皮膚の白いガサガサは角質。細菌が大好物なエサです。
角質が溜まりやすい足裏や足指の間は手が届きにくいですし、軽石では角質を上手に落とせません。
足裏ブラシを使うと楽ちんですよ。入浴時にイスに座って足裏ブラシを床に置き、片足ずつ石鹸をつけて軽くゴシゴシして下さい。

足裏ブラシ
立って洗う場合は体をしっかり支えて使って下さいね。
写真の右の足裏ブラシは100円均一で買いました。もっと大きい足裏ブラシも市場にはあるようです(ミッドで大きいサイズが扱えると良いなぁ)。
100円均一のアイテムはブラシ部分が直径9.5cmほどなので小さく感じましたが、
青木のガサガサな足裏が数日でツルツルです。キレイに洗えるので気持ち良く、ニオイも断然しにくくなりました。
女子はサンダル素足の人の足元を必ず見ています。これなら見た目にも恥ずかしくない足が簡単に手に入りますよ。

2.洗った足指の水分をとる。拭かないと汚れた足と同じ(細菌の繁殖をなくす)

洗った足指の水分をとる
足を洗ったら必ず足指の間の水分はキッチリ拭き取りましょう。
足指の間の拭き取りを忘れてしまうと、すぐに体温と水分で高温多湿な環境になり細菌が増殖します。
ニオイを出す細菌の数が多ければ多いほど、足はどんどん臭くなっていきます。
お風呂に入っているのに足が臭い人は、水分が拭き取れていない人がほとんど。
細菌は足から靴下や靴にも移っていきますから、このプロセスはとても重要なんです。

3.フットクリームを塗る(殺菌する)

フットクリーム
DR.SCHOLL デオドラントフットクリーム

殺菌成分配合のフットクリームで仕上げると、より完璧です。
乾いた足に塗れば汗をかいてもサラサラ感をキープし、細菌の発生を抑制します。

普段からできるだけ、靴を脱げるタイミングでは蒸れを逃がすと良いですよ。

解決策:靴下がニオイ元の場合

足から靴下に染み込んだ細菌に加え、衣類の生乾き臭菌が生地に入り込んだ複雑なニオイ元。
洗濯を繰り返してもニオイが残るのは、蓄積された菌が団子のようになって内部まで落としきれていないからかもしれません。
ニオイ菌は乾燥や紫外線にも強いので、洗い方で「菌」と「ニオイ」をなくす必要があります。
対策ポイントは3つ!

1.靴下を裏返すのは、実は正しい(菌を洗い出す・細菌のエサをなくす)

靴下を裏返す
足から移った細菌や、細菌のエサになる皮脂や角質は靴下の内側に多くこびりついています。
ですので靴下を裏返しにした方が菌などを効率よく洗い出せます。
靴下を裏返しに脱ぎ捨てて奥様やお母様から大変な叱責を受けてこられた皆さま、実は皆さまの方法は正しいのです。
ぜひ女性陣にもお願いしましょうね。
でも丸めないようにキレイに裏返しにして、ちゃんと自分で脱衣所まで持っていくこと。
そしてドヤ顔で言うのではなくて、女性陣の気分をアゲる仕方でお願いした方が良いです(笑)。

2.蛇口から出る60℃位の湯なら、菌は死ぬ(殺菌する)

蛇口から出る60℃位の湯
衣類の生乾き臭の元である菌は乾燥や紫外線では消えません。蓄積されます。でも熱には弱いのです。
洗濯前に60℃程度のお湯に浸けておくと、とても楽に殺菌できます。
文字通り、菌が死んでくれます。
ご家庭で蛇口をひねって出てくるお湯は大体60℃位が多いようですね。

蛇口をひねって出てくるお湯
今回はブログに載せるために温度計を100円均一の店で買って確かめましたが、青木宅でも会社でもおよそ60℃のお湯が出ました。
沸騰したお湯と水道水を1:1
バケツに、沸騰したお湯と水道水を1:1の割り合いでも、大体60℃位でしたよ。大体でいいです、洗濯する靴下の生地が傷まない程度であれば。60℃以上熱ければ菌は死にます。

しばらく時間を置いてお湯が40℃位
しばらく時間を置いてお湯が40℃位(お風呂に入る時の良い湯加減くらい)に下がったら、次のステップ3へ進みます。

3.酸素系漂白剤をひとふり、ニオイは消える(ニオイを消臭する)

酸素系漂白剤

殺菌後もニオイは残るので消臭には酸素系漂白剤を使います。酸素系漂白剤には、液性が「弱酸性」「弱アルカリ性」の2種類がありますが、どちらも色柄物に使えます。
(ツンとしたニオイが特長の塩素系漂白剤とは別物ですのでご注意下さいね)
但し粉末タイプはウールやシルクなどのデリケート素材には使えませんので注意。
100円均一の店にもありますし、ドラッグストアでもお値ごろ価格で購入できますよ。
ステップ2の40℃位に温度が下がったお湯と靴下に、酸素系漂白剤をパッケージ記載の量で溶かし入れます。

溶かし入れます
ちなみにペットボトルキャップ1杯は、7.5cc(7.5g)ですよ。大体の感覚で青木は溶かしました。

洗濯機でまわします
しばらく放置した後、そのままザーッと洗濯機に入れて通常の洗濯洗剤を加えて洗濯機でまわします。あとはいつもの洗濯と同じです。
放置時間は30分で充分です。スマホを触っている間にその位経ちますね。

今から靴下を買い替える方は、抗菌・防臭加工のあるタイプを選ぶのもおススメです。
ビジネスソックス
ビジネスソックス

解決策:靴がニオイ元の場合

靴下同様、足から細菌が染み込んで複雑なニオイを放っています。
靴の素材によっては殺菌が難しい場合がありますが、「細菌が繁殖する環境」と「ニオイ」をなくす必要があります。

1.洗えるなら、靴を丸ごと洗濯機で洗う(菌を洗い出す・細菌のエサをなくす)

洗う
丈夫な布製のスニーカーなどでしたら洗ってしまいましょう。
自宅で洗う場合は、上記「靴下がニオイ元」の2・3の方法でOK。ただしクッション付きの洗濯ネットに入れて洗濯機で洗います。
靴用洗濯ネットとしても100円均一ショップでも売っていますよ。
クッション付きの洗濯ネットならどの形でもOK、種類が豊富にあります。
(洗濯機の機種によっては不向きなので、メーカー取扱書を確認して下さいね)

コインランドリー
ちなみにコインランドリーの靴洗い&乾燥なら、高熱乾燥で殺菌もできます。
洗剤も漂白剤も不要で、大人2足くらいを一度に洗えて料金は200円。乾燥は20分で100円程度のようですね。他には革靴などはクリーニング店などでもキレイにしてくれるサービスもありますよ。

2.靴はローテーション、新聞紙を詰める(細菌の繁殖をなくす)

靴に脱臭剤や新聞紙を入れておく
靴の中の高温多湿な環境が長ければ長いほど、つまり靴を履いている時間が長いほど、悪臭を放つ細菌がどんどん大増殖します。
同じ靴ばかりではなく、何足かの他の靴と履きまわして、靴の中が完全に乾く時間をおくようにしましょう。
帰宅後の靴に脱臭剤や新聞紙を入れておくと効率よく湿気がとれますよ。
乾燥させても菌は減りませんが、増殖は止まるので悪臭の発生を抑えられます。

3.重曹スプレーを吹きかける(ニオイを消臭する)

重曹スプレー
靴の消臭スプレーの香料によっては余計に臭くなりますよね。使うなら無香料がおススメです。
青木は消臭スプレーではなく重曹スプレーを使っています。100円均一の店にもありますし、ドラッグストアでもお値ごろ価格で購入できますよ。
靴の中にたっぷりスプレーをして乾燥させると足臭は消えます。ただしスプレーし過ぎると重曹のニオイは少し残りますね。
ただ足のニオイよりは全然良いですし重曹のニオイは2日後位には薄くなります。個人的には靴専用の消臭スプレーより効果があると思います。
重曹スプレーそのものでも販売されていますが、重曹パウダー(100円均一の店、ドラッグストアでどうぞ)タイプを、水で溶いてスプレーを作っても効果は同じです。
パウダーなら適当な容器に粉を入れて玄関やトイレなどのニオイ消しに使えて長持ちしますし、使用後に台所シンクに流せばパイプ消臭もできたりいろいろ便利です。ゴミにならないしエコですね。

今回ご紹介した対策を2つ以上実践していただければ、あなたの足クサが劇的に改善しますよ。
以上、足クサ地獄から帰還した青木でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ニオイ・汗・体質の悩み」カテゴリーの記事

無料メールマガジン:MID e-NEWS 無料登録 / 解除

※ブログ記事のようなお役立ち情報を毎週発信しています。ブログアクセスが面倒くさい方はどうぞ!

登録
性別
解除