入院に必要なもの、MIDスタッフが便利だと思った3つのアイテム!

2019年11月01日(金) 運営:大きいサイズのメンズ服専門店ミッド
このエントリーをはてなブックマークに追加

入院

先日、とある理由により、MIDスタッフAが入院しました。スタッフAは人生初の入院で分からないことだらけ・・・。

病院でもらった入院の手引きを参考に準備をはじめたそうですが、「あれがいるかも?これもいるかも?」と心配になり、足りなくて困るよりは持っていった方が安心だよね!!

ということで、手引きには無い物もいろいろと準備して持っていったそう。そして気がつけば海外旅行のような大荷物に・・・。
入院持ち物

入院生活は約1週間。スタッフAは無事に退院を迎えたそうですが、準備した荷物で実際に使ったのは3分の2程度。残りの3分の1のものは全く使わずそのまま持ち帰ったそうです。

こんなことなら入院に必要な必須アイテムを教えて欲しかった!そしたらもっと荷物が減らせたのに!という残念な気持ちで自宅に帰り、スタッフAが戻ったその日に思ったことをまとめた内容が以下です(笑)。みなさまどうぞお時間のある時に読んでやってください!!

人生初の入院は不安だらけ!

私は先日、とある理由により、人生初の入院を余儀なくされました(涙)。幸い、たいしたことは無く1週間程度で入院生活は終わったのですが、すべてが初めてのことで不安だらけ。

慣れないベット、慣れないごはん、慣れない共同空間、すべてが不安で気がつけば大荷物に(笑)。そんな私が今回の入院生活のなかで本当に役立った3つのアイテムをご紹介します!

それではしばしお付き合いくださいませ!

入院に必要なもの

入院の理由によって必要なアイテムは多少変わってくると思いますが、入院の際に必要なものをざっとリストアップしました。

  • 歯ブラシ、洗面用具
  • 体を洗うタオル、体を拭くタオル
  • 下着、靴下
  • ストロー付きコップ、使い捨てコップ
  • 使用済の下着などを入れる袋、ビニール袋
  • ティッシュ、お箸、スプーン
  • サンダル、スリッパ
  • 紙、ペン
  • 前開きパジャマ
  • 延長コード、スマホなどの充電器
  • マスク
  • S字フック、ハンガー

入院便利アイテム その1.吸水力が高いのに乾きが早い!肌触りが最高なタオル

今回の入院では大きなバスタオルからフェイスタオル、ハンドタオルなどなど、大小様々なタオルを用意しました。しかし、入院した部屋は日当たりがあまり良くない上に洗濯物を干せるスペースは壁にハンガーを1,2本掛けられる程度。

顔を洗う時やシャワーを浴びる時などタオルは必需品。その反面、洗濯で一番乾きにくいのもタオルです。特にシャワーで使用するバスタオルは大きくて乾きにくい!!

入院初日にバスタオルを使い、部屋干しをしましたが翌日になっても乾いてくれず、これはかなり困りました。そんな時、大きいサイズのバスタオルに負けない吸水力があり、それでいて早く乾いてくれるあのタオルの存在を思い出しました!

バスタオルよりサイズが小さく、かさばらないコンパクトサイズのタオル、エクスタシーエニータイムタオル

あの、「ガイアの夜明け」でも紹介されたことがあるタオルなので、ご存知の方もいるかもしれませんが、ふんわりとしていて高い吸水力と速乾性を持ち合わせた、エアーかおるシリーズのタオルです。

大きさはちょうどハンガーにかかる横幅で干しやすく、翌日には乾いていました。
エクスタシーエニータイムタオル

エクスタシーエニータイムタオルは自宅で使っていたので使い心地は知っていましたが、入院中にこんなに活躍するとは思いもよりませんでした。毎日のように使っていて、ミッドでも紹介していたにも関わらず、エクスタシーエニータイムタオルの実力をあらためて実感しました。タオルのサイズは小さいのに、体のサイズが大きい方でも安心して使える吸水力です!

シャワーをあびた清潔な状態の体を拭き、ハンガーにかけて部屋干し、これを2、3回繰り返しましたが、乾きが早いからか生乾き臭を感じることはありませんでした。

そして何といっても毎日使っても持続する柔らかい肌触りが、慣れない入院中の私を癒してくれました!(笑)
エアーかおる エクスタシーエニータイムタオル
エアーかおる エクスタシーエニータイムタオル

私はローズカラーを使っていますが、男性ならアクアカラーマロンカラーがおすすめ。他にも、ナチュラルカラーキャロットカラーもありますので、お気に入りの1枚を選んで持っていっていただきたいです。

入院便利アイテム その2.締め付けない、脱ぎ履き便利で通気性抜群のサンダル

入院中は横になっている時間が長いため、足がむくみやすいです。そのため履物はピッタリサイズではなく、少しサイズにゆとりのある履き心地のものが理想的です。また意外に、トイレに行ったり診察で院内を移動することも多いため、簡単に脱ぎ履きができると便利です。

入院して分かったのですが、シャワーを浴びた後は足が湿っているので通気性の良さも重要なポイントになります!
そして、そんなすべての条件を満たしてくれたスリッパが、crocs(クロックス)でした。

入院初日は家庭用スリッパを履いていたのですが、スリッパの裏面が意外にツルツルしているため湿っているところを歩くと滑って転んでしまいそうでかなり危険でした。

家族に連絡し、crocs(クロックス)を持ってきてもらってからは滑る心配がなく、本当に便利でした。足が濡れていても気にせず履けて、通気性も良いのですぐ乾きますし、素足でも靴下を履いていても快適な履き心地は入院中にとっても重宝しました。
クロックス
大きいサイズのcrocs(クロックス)一覧

入院便利アイテム その3.胸元が広く開いて袖がめくり易い、締め付けのないパジャマ

入院中は意外に忙しく、血液検査、体温測定、点滴、血圧測定などなどたくさんの検査があります。そのため、トップスはボタンやスナップボタンで開閉が簡単にできる、前開きタイプのパジャマが便利です。

また、首周りは締め付けのない大きく開いたデザインで、袖部分は点滴や注射の際にまくり上げやすい締め付けの無いタイプのパジャマがおすすめです。

パジャマ
marie claire homme DRYサッカーストライプ長袖パジャマ

トレーナーやかぶりタイプのプルパーカーは一見動きやすい服装ですが、首回りや袖口にゴムが入っているため、入院中には不向きでした。院内の室温は季節に関係なくほぼ一定に保たれているので、パジャマの生地は薄すぎず、厚すぎない通年着用できるような生地厚のパジャマが快適です。

あと、男性にはあまり必要ないかもしれませんが、肌寒く感じるときのために、薄手のパーカーやサッと羽織れるカーディガンなどを1枚用意しておくと安心です。
大きいサイズのOUTDOOR PRODUCTS フルジップパーカートレーナー
大きいサイズのOUTDOOR PRODUCTS フルジップパーカートレーナー

以上、今回ご紹介した3つのアイテムが私の入院生活を快適にしてくれました!入院生活は自宅と違い、不便なことが多いためストレスが溜まりやすいです。少しでもリラックスして快適に過ごせるアイテムを選ぶことはとても大切です。病院によってはタオルやスリッパ、パジャマが備え付けられていたり、レンタルできることもありますが、その際は必ずサイズをチェックしてくださいね。

入院することが無いのが一番ですが、入院するとなった時、入院生活が少しでも快適にできるよう、ミッドがお役に立てれば嬉しいです!

【 入院あるある随時募集しています! 】

入院生活で「〇〇を準備して!」、「〇〇があると便利だよ!」というアイテムが他にもありましたら、ぜひ教えてください!
みなさまの入院体験談もお待ちしています。
入院あるあるを書き込む
※返信を希望される場合【返信希望】と書き込みもお願いいたします!
※いただいたい体験談はメルマガやブログなどで紹介させていただく場合がございます

ミッドでは他にも入院で役立つアイテムをご紹介中!ぜひ参考にしてくださいね。
入院時に必要なアイテム一覧
入院時に必要なアイテム一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ミッドスタッフ日記」カテゴリーの記事

無料メールマガジン:MID e-NEWS 無料登録 / 解除

※ブログ記事のようなお役立ち情報を毎週発信しています。ブログアクセスが面倒くさい方はどうぞ!

登録
性別
解除