前号へ 一覧ページへ戻る 次号へ

お待たせしました!汗をかいても脇汗が目立たないポロシャツ完成しました

(2019年06月30日発行)

大きいサイズのミッド

大きいサイズのメンズ服の通販サイトミッドがお届けするMIDe-NEWS  Vol.424  お待たせしました!汗をかいても脇汗が目立たないポロシャツ完成しました  2019.06.30(Sun)

今週のe-Newsを担当します。大橋です。


スタッフ 大橋

通気性があって涼しく着られる鹿の子製品が夏の定番になっている大橋です。
夏には欠かせないアイテムになっている鹿の子ですが、暑い日は脇汗が染みてしまい「汗染み目立ってないかなぁ?」と心配になることもしばしば。皆さんもそんな経験ありませんが?

技術的に作ることが難しかった「脇汗対策ポロシャツ」がついに完成!この度「楽スマ」から新登場しました。
商品開発を振り返りながら楽スマブランドをご紹介していきたいと思います。

お知らせ!

このコーナーではみなさまからミッドにお寄せいただいたご意見ご要望と、ミッドからの回答をご紹介しています♪
今回のご意見ご要望はこちら!

鹿の子ポロシャツに汗染み軽減機能がプラスされました。

6月4日に発売になった楽スマのポロシャツに新機能がついたということで、今回は楽スマの発案から製造管理まで行っているバイヤー高橋に新しくなった楽スマポロシャツについて話を聞いてみました。

バイヤー高橋


スタッフ大橋

楽スマ 汗染み軽減ポロシャツ

大橋:楽スマシリーズに新しい仲間「汗染み軽減加工ポロシャツ」が追加されたとのことですが、なぜ汗染み軽減(撥水)加工をポロシャツにつけようと思ったのですか?

高橋:ビジネスでも使えるようなボタンダウンのポロシャツを、何年か前に制作したんですね。そのときに、今度はカジュアルな鹿の子生地のポロシャツを作ろうと思っていて、カジュアルなポロシャツは夏に着る頻度も高くなるだろうと考え、脇汗を目立たせない加工はマストでつけたかったんです。
まぁ~汗染み軽減加工をつけるのに2年かかってしまったんですけどね(笑)

対談開始

大橋:ポロシャツに汗染み軽減加工をつけるのに2年かかったとのことですが、時間がかかった理由があるんですか?苦労した点とか、失敗した点などありますか?

高橋:Tシャツに使われる天竺やスラブ生地以外の「鹿の子」に撥水機能をつけて、汗染み軽減ができるポロシャツを作りたかったのですが、2年前には鹿の子に撥水加工をつける技術がなかったというのが作れなかった理由です。鹿の子生地は編み目が大きくなるので撥水加工が滲みでてしまうんです。

ただ、僕の方としても「夏に必要なポロシャツに汗染み軽減加工をつけないでどうするんだ!」という強い想いがありましたので、何度もメーカー様や作っていただける工場と打ち合わせをしました。

楽スマについて力説する高橋

大橋:デコボコとした生地で通気性が特徴の鹿の子だっただけに、編み目から撥水加工が出てしまったんですね。2年後に汗染み軽減ポロシャツができたわけですが、急に撥水加工をポロシャツに付けれたというような印象がありますが、どのように汗染み軽減加工(撥水)を鹿の子に付けたのですか?

高橋:撥水加工のレベルをあげたんですね。ひとえにメーカー様の企業努力です。

大橋:え?
高橋に疑問をもつ大橋

高橋:何か?

大橋:何か?じゃなくて。あの~、どうやって鹿の子生地の裏面に撥水加工がつけられたかは、バイヤー高橋は知らないということでしょうか?

高橋:知らないというか、企業努力なので言えません。

高橋ひらきおなり

大橋:・・・

話をもどす大橋
大橋:言えないんじゃなくて、知らないんじゃないの?(心の声)

大橋:メーカー様の努力の賜物ということですね。ありがとうございます。

楽スマ 汗染み撥水加工 生地拡大
※「汗染み軽減加工」生地拡大
載せてみたものの、汗染み軽減加工は目に見えないです。

高橋:鹿の子に撥水加工を施すのも大変だったのですが、鹿の子生地を樽型にするというのも一筋縄ではいきませんでした。今回の樽型は、今までと少し仕様をかえたんです。お客様からの意見を元に樽型の「形」もアップデートされているんですよ。

大橋:樽型デザインはバイヤー高橋の一番こだわっている部分だと思うのですが、どのあたりをアップデートしたんですか?

樽型の説明をうける大橋

高橋:バストと裾の部分を以前のデザインよりも絞った作りにしました。
わかりやすく説明すると、前のデザインではバストから膨らみをもたせていたのに対して、今回のポロシャツのデザインは、バスト一周で2cmしぼり、そこからお腹部分はふくらみをもたせて、裾でも1cmしぼっています。

リニューアル後の図

高橋:バストをすっきりとさせて、出ているお腹はしっかりとカバーし、裾をしぼることによりめくれあがったりすることなく、シュっとスタイルを良くみせる働きがあります。
胸よりもお腹がでるのでバストをしぼったこのようなデザインが、見た目を左右すると考えています。

大橋:さっきの撥水加工のくだりとは全然違う納得の説明。すごいプレゼン力だな(笑)

高橋:心の声がでちゃってますけど(笑)
数値で見てみると違いがわかります。リニューアル前のなだらか樽型は「バスト130cm ウエスト135cm 裾130cm」に対して、新しいスタイリッシュ樽型は「バスト128cm ウエスト135cm 裾129cm」。

微妙な差ですが、実際に着用すると見た目のシュっとした感じに感動してもらえると思います。
6月4日に販売してから、リピート購入であったり、色違い購入といったお客様も多く見受けられ、予想よりもかなり売れ行きが好調です。

説明を理解しようとする大橋
※樽型の違いを理解しようとする大橋

大橋:新しい樽型は「お腹出ている感」を以前のものよりもカバーし、着用したときによりシュっとした作りにしたんですね。樽型を作る上で苦労した点などはありますか?

高橋:樽型は、通常の服作りではありえない作り方になります。前は膨らみをもたせた状態、後ろは膨らみのない真っすぐな状態を縫い合わせていき立体的なデザインにします。前と後ろで差があるものを縫い合わせるだけでも大変なのですが、さきほども話したように少し数値を変更したこともあり、メーカーさんと何度もやりとりをしました。

通常サンプルを作ってもらうのは2回なのに対して、今回の樽型のサンプルは5回来ました(笑)
お客様の着心地を左右する大事な部分なので、妥協したくなかったんです。
作っていただいているメーカー様や工場と連絡を取り合い、5回のサンプルを経て試行錯誤した結果、できた樽型なので皆さまに気に入っていただけること間違いないと自負しております。

楽スマさらに力説高橋

大橋:お客様が着たときに、より体型をカバーできるように樽型を進化させたわけですが、これからどんな風に楽スマブランドをバイヤー高橋は進化させていこうと考えていますか?

高橋:お客様が着やすいもの、喜んでいただけるものを作りたい!という想いから「楽スマ」というブランドを立ち上げました。
これからもお客様が「これ買って良かった」と笑顔になれる商品を提案し、作っていくことが僕の使命だと思っています。

お客様のお声や問い合わせなどからヒントをもらい、商品化や既存商品のアップデートをしていますので、これから楽スマを進化させていくにはお客様とのコラボが必要ではないかと考えています。
服を着ていて「こんなところに不便さを感じる」「こんなスタイルにしたい」など、お気軽にお声をお寄せいただければと思います。

大橋:楽スマはお客様のお声を形にしやすいブランドなので「アームホールをやたら大きくしてほしい」といった「ちょっと無理かな~」という意見でも、バイヤー高橋がなんとか形にしてくれると思いますので、
メールアドレス 「hirokazu@bigsize.com(バイヤー高橋)」まで、どしどしお寄せいただければとおもいます。

また、「本人に直接メールは。。ちょっと。。」という方は、カスタマーサポートまでご意見ご要望をお願いします。

高橋 大橋 対談 終わり

大橋:実際にご購入されたお客様からも「いつもより、お腹がでているように見えない」「裾のところが浮かないのが良い」といった嬉しいお声をたくさんいただいています。そのお声を元に楽スマはこれからも進化していくんですね。
本日は興味深いお話ありがとうございました。

楽スマ ブランドロゴ

ミッドスタッフの想いがたくさん詰まっていることが今回のお話しでわかりました。
樽型をはじめ、ベンチレーション(通気孔)をあしらったパンツなど、大きな人への想いが楽スマには、たくさん詰まっています。

楽スマブランドのその他の商品はこちら

G20大阪サミット2019開催に伴う交通規制の影響によるお届け遅延の可能性について

6月28日(金)、29日(土)G20大阪サミット2019開催に伴い、大阪府内で大規模な交通規制が行われます。
その影響で、6月27日(木)~7月2日(火)頃まで関西地方の一部地域が、お届け先または発送元となるお荷物に遅れが生じる可能性があります。
なお、交通規制の影響によっては対象地域以外でも遅れが生じる可能性があります。お客さまにはたいへんご迷惑をおかけしますがあらかじめご了承いただきますようお願い申しあげます。

詳しくはこちらのブログをご確認ください。
G20大阪サミット2019開催に伴う交通規制の影響によるお届け遅延の可能性について

営業日変更のご案内

火曜日 朝10時登場!ミッドの新作アイテム

大きいサイズの新着アイテム

■今週はこんなお声をいただきました!

★アディダスの靴下で32~34の種類を出して欲しい。

★もう少し色々なメーカーの物を扱ってほしいです。

★THE NORTH FACEやFRED PERRYの大きいサイズ4XLや5XLも増やしてほしい。

■ご意見・ご要望お待ちしております

TEL 0120-037-091
MAIL mid@bigsize.com
ミッドスタッフ

ミッド・インターナショナルは世界中の大きなサイズのお客様を笑顔にすべく、みなさまからのお問い合わせやご要望などをお聞きし、日常生活で抱えているお悩みやお困りごとを解消するお手伝いができればと思っています。改善までにお時間を要することもございますが、ぜひどんなことでもお気軽にご連絡ください!

■MIDスタッフがお悩みを解決します!

大友有紀
カスタマーサポート 大友 有紀
お電話やメールでお気軽にご連絡ください。お電話受付は営業日の18時までとなっております!
大友のスタッフページを見る
大橋麻美
撮影・商品登録 大橋 麻美
見やすくわかりやすいをモットーに商品の撮影と登録を行っています!
大橋のスタッフページを見る

~ スタッフ小話 ~

最近ミッドスタッフの間で流行っているのが、映画をパロディーにした画像を作る事。

MID ワイドサングラス
この画像は「サングラスで何か面白いことできないかなぁ」という話からできました。
あと、バズらないかなぁという期待も多分あります(笑)
おもしろ画像は、ミッドのツイッターインスタフェイスブックでアップしていますので、ぜひご覧くださいね。

■今週の社長(90kg)の一言

ueda

ミッド・インターナショナル社長の上田です。
釣りの際にフィッシングベストを使っているのですが、本当の「便利さ」に気づいてしまったんです。
大きなポケットがたくさんあるので、携帯や財布、車の鍵など、カバンに入れていた物をポケットにしまうことができます。カバンいらずで出かけられる、驚異の収納力です。
また、驚くことに若い人の間では、コーディネートにフィッシングベストを取り入れたスタイルが流行っているとのことです。何気なく流行りにのっていたようです。

mcspフィッシングベスト

前号へ  一覧ページへ戻る  次号へ

Δお待たせしました!汗をかいても脇汗が目立たないポロシャツ完成しましたの上部へ