前号へ 一覧ページへ戻る 次号へ

梅雨前に考えるべき雨の日対策!

(2018年05月13日発行)

大きいサイズのミッド

大きいサイズのメンズ服の通販サイトミッドがお届けするMIDe-NEWS  Vol.367  梅雨前に考えるべき雨の日対策!  2018.05.13(sun)

メールマガジンの配信停止、メールアドレスのご変更はこちらから
ご注文、会員登録をしてくださったメールアドレスに配信しております。
メールマガジンはいつでも配信停止、再登録していただけます。

今週のe-Newsを担当します。高木です。


スタッフ 高木

こんにちは!先日フルマラソンを走った高木です。1週間前から当日の天気を気にしていたものの雨予報は変わらず、当日の朝もどしゃぶり。こんな悪天候の中走るのかと思いながらもスタートし、その5分後には雨水で靴の中がグチョグチョ・・・。最後まで走りきれるのかが心配でしたが、沿道の方の声援に助けられ何とか走りきることができました。いくらその日に向けて調整をしても天候だけは変えられませんね(^-^;本日はそんな雨の日に関するお悩み事を頂きましたので、ご紹介したいと思います。

ミッドが皆様のお悩みを解消いたします!

このコーナーでは皆様からミッドにお寄せいただいたご意見ご要望と、ミッドからの回答をご紹介しています♪
今回のご意見ご要望はこちら!

梅雨が近づいていますが、雨の日を快適に過ごすコツってありますか

雨の日に関するご相談ありがとうございます。

雨日が多くなる梅雨時期。みなさまは雨の日対策は万全でしょうか。梅雨時期になるとミッドには雨の日に関するお悩み事が多く寄せられます。そこで本日はその一部をお伝えしつつ、その解決策が雨の日を快適に過ごすためのヒントになればと思います!それではさっそくまいりましょう!

■事前に傘を準備しているにも関わらず、傘が小さいと肩がはみ出て濡れてしまいます!
傘のサイズが自分の身丈にあっていないと、せっかく傘を持っていても意味がありません。 特に外出時は雨が降ってもいいように折りたたみ傘をカバンの中に入れて持ち歩く人も多いと思いますが、 折りたたみ傘って小さなサイズのものが多く、風があるとすぐに服が濡れてしまいますよね。ですので、傘を選ぶ際には直径サイズを確認してから購入するのがオススメです。
よく見かける折りたたみ傘のサイズは55~60cm程ですが、男性は70cm以上あると肩も濡れずなお安心です。

雨の日コーデ

大きいサイズの傘一覧

■撥水加工の傘を使用しているのに雨が浸みてきます!
いくら撥水加工と書かれていても、その効果は永遠に続くものではなく、時間が経つにつれ薄れていくもの。大事にしていた傘を捨てるのは心苦しいですし、出来ることなら長く使い続けたいですよね。でも一度失われた加工感をもとに戻すことって出来るの?機能を取り戻す方法として効果的なのが傘にドライヤーを当てる方法!

【手順1】
傘の裏側を水を含ませたティッシュで濡らします
撥水手順1

【手順2】
濡れた箇所をドライヤーで乾かします
撥水手順2

【手順3】
新品のような撥水機能を取り戻すことができます

撥水手順3

撥水加工に使われているフッ素樹脂は、傘の開け閉めによる摩擦や手油が付着することで次第に効果が薄れていくのですが、熱を加えることでその効果を復活させることができるんです。ドライヤーさえあれば半永久的に使用することができるのも魅力的ですよね。

■使ったレインスーツをかけたままにしておくのですが、少し臭います。洗濯しても大丈夫ですか?
雨でビチョビチョに濡れたレインスーツは洗わずにかけて乾かす方も多いですが、撥水加工のあるレインスーツは洗った方が効果を長続きさせることができます。見た目がキレイでも、一度外で着用したレインスーツには目に見えない汚れが付着しているため、知らず知らずの内に透湿効果を低下させてしまうのです。
また持ち運びが便利な袋の中へコンパクトに収納できるタイプのものは、洗濯後はウエアをハンガーにかけて保管しておくのがベスト!袋の中にいれたまま保管しておくと生地の劣化にも繋がり、せっかくの機能も損なわれてしまうんですよ!洗濯方法はレインスーツをネットに入れて弱水流や手洗いコースで洗うのがGOOD。脱水はシワの原因にもなりますので、短時間で行うのがオススメです。透湿防水性素材などは水抜けが悪く洗濯機の故障にも繋がりますので、手洗いが◎です!

雨の日コーデ

■雨の日は靴の中に雨水が入ってグチョグチョして気持ち悪いです
誰しもが経験したことのあるお悩みではないでしょうか。そのお気持ち痛いほど分かります。靴の中に雨水が浸水して会社から家に着くまで続くグチョグチョした感じ。ただ気持ち悪いだけなら良いのですが、実は靴にも大きなダメージを与えているんです。靴の履き方にもよりますが、一般的に靴の寿命は2~5年と言われています。しかしダメージを与えすぎると1年も持たなくなることも。そんな時に役立つアイテムが水や泥汚れから靴を守る「靴カバー」

使い捨てくつカバー
靴カバー

使い捨て靴カバーを使えば、破れない限り靴の中に雨が浸水してくることもありませんし、急な雨降りから大事な靴を守ることができます。型崩れの原因ともなる雨から靴を長持ちさせるためにも、雨の日にあると便利なアイテムです。

いかがでしたか。  
人それぞれが持つ雨の日のお悩み。ちょっと工夫をこらすだけで、そのお悩みを解消することができるかもしれません。またお悩みがを頂き次第、随時解消方法などをご紹介していきたいと思いますので、ぜひたくさんのお声をお待ちしております(^^)/

■今週はこんなお声をいただきました!

★地元でビッグサイズの店が少ないので、大変助かってます。

★ステテコこそ大きいサイズの者に必要なのだから、8Lも作ってほしい。カーディガンはポケットがあると嬉しい。

★初めて利用させて頂きます。アロハシャツが好きなので種類が増えると嬉しいです。

火曜日 朝10時登場!ミッドの新作アイテム

大きいサイズの新着アイテム

ぴったりなサイズを!ミッドのオーダーシャツ

ミッドのオーダーシャツ

サイズがわからない、どうやって測ったらいいの?そんな時は!

サイズのお悩みを解消したい!

LINEでのお問い合わせ対応はじめました!

LINEでのお問い合わせ対応はじめました!

■ご意見・ご要望お待ちしております

TEL 0120-037-091
MAIL mid@bigsize.com
ミッドスタッフ

ミッド・インターナショナルは世界中の大きなサイズのお客様を笑顔にすべく、皆様からのお問い合わせやご要望などをお聞きし、日常生活で抱えているお悩みやお困りごとを解消するお手伝いができればと思っています。改善までにお時間を要することもございますが、ぜひどんなことでもお気軽にご連絡ください!

■MIDスタッフがお悩みを解決します!

大友有紀
カスタマーサポート 大友 有紀
お電話やメールでお気軽にご連絡ください。お電話受付は営業日の18時までとなっております!
大友のスタッフページを見る
大橋麻美
撮影・商品登録 大橋 麻美
見やすくわかりやすいをモットーに商品の撮影と登録を行っています!
大橋のスタッフページを見る
高木裕紀
販促・生産管理 高木 裕紀
大きいサイズのお客様のことを考え商品のチェックをしております!サイズなどわからないことがありましたらお声をかけてください!
高木のスタッフページを見る

■大きいサイズのミッドモデル発 こんなことありませんか?

ミッドモデル福島です!みなさま、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか。実家へ帰省されたり、旅行に出かけたり、中にはお仕事の方もいらっしゃったかと思います。僕はこの機会にウォーキングを始めることにしました。今まで体力をつけるため定期的に運動を取り入れたいとは思っていたものの、あまり成果を感じることができず、あきらめていました。そんな中、先日ミッドのスタッフにお悩みに応じたウォーキング方法を教えてもらい実践してみることに!少し意識を変えるだけで習慣づけることができますので、引き続き続けていきたいと思います。

■カスタマーサポート伊藤からのお知らせ

先日家族とバーベキューをした伊藤です!当日は天候にも恵まれ、ぽかぽか陽気の中食べるお肉や野菜は格別。普段は寝転んでテレビを見ている父も、この時は手際よくテントや机のセッティングをしてくれて、とても頼もしく感じました。春はバーベキューをするのに絶好の季節。ミッドの特集内でも便利なアウトドアグッズやシーンに応じたコーディネートをご紹介しておりますので、ぜひご参考にしてくださいね♪

■今週の社長(90kg)の一言

ueda

ミッド・インターナショナル社長の上田です。
日々お客様から頂けるお声や商品の着用感想は1つ1つ拝見させていただき、少しずつではありますが、改善に向け取り組んでおります。中でも商品の着用感想についてはレビューなどを確認させて頂き、お客様が快適に商品を着用して頂けるよう、仕様やサイズなどを考慮し商品改善に努めております。またレビューを書いて下さった方の中から毎月5名様にはささやかながら賞品を進呈させていただいており、つい先日もその結果発表をさせて頂きました。

毎月開催しておりますので、ぜひ今後とも宜しくお願い致します!

■次回のMID e-NEWSは・・・

本日もMID e-NEWSを最後までお読みいただきましてありがとうございました。次回は、「ポッコリお腹の解消法」を運動嫌いな青木がお伝えします! 配信は2018年5月20日(日)19時頃になります。お楽しみに!


前号へ  一覧ページへ戻る  次号へ

Δ梅雨前に考えるべき雨の日対策!の上部へ