今年キャンプ・BBQをデビューする人向け、初心者が押さえておきたいアウトドアファッション3選

2020年10月16日(金) 運営:大きいサイズのメンズ服専門店ミッド
このエントリーをはてなブックマークに追加

キャンプデビュー

【目次】
・初心者必須のアウトドアブランド、MARMOT (マーモット)、COLUMBIA (コロンビア)、THE NORTH FACE (ザ・ノース・フェイス) 
・こだわりたいのは「動きやすい」を実現するバックとシューズ
・キャンプ飯、BBQに必須のエプロン

密にならないレジャーとして、大自然の中で周囲と距離を取りながら楽しむキャンプやBBQなどのアウトドアが人気のシーズン。
最近ではおひとり様で楽しむソロキャンプやソロバーベキューも流行っています。

でも、アウトドアってなんだかハードルが高そう。
機材はレンタルできるとしても、アウトドア初心者にとって服装は1番の悩みどころです。
何を着ていけば正解で何を着ていくとNGなのか?
キャンプやBBQ、アウトドアを楽しむ初心者のためにおさえておきたいファッションアイテムをご紹介します。

アウトドア大きいサイズ

・初心者必須のアウトドアブランド、Marmot (マーモット)、Columbia (コロンビア)、THE NORTH FACE (ザ・ノース・フェイス)

シーズンや目的によっても異なるアウトドアファッション。
アウトドアファッションの基本は目的に合わせて選ぶことですが、初心者はまず手っ取り早くアウトドアブランドからチョイスするのがおすすめです。
アウトドア用に作られたブランドは機能性なども充実していて、デザイン性にも優れています。
とはいえ、初心者がゆえに尖ったブランド、本気すぎるアイテムをチョイスしてしまうと、居心地が悪くなってしまうもの。
トレンドも機能もおさえていて程よく見えるアウトドアブランドはこの3つです。

アメリカ生まれの本格派アウトドアブランドMarmot(マーモット)

「FOR LIFE」のフィロソフィーのもと「生命を守り、生還できるプロダクト」を作り続けている本格派アウトドアブランドMarmot。
登山用中心のアイテムが多いのが特徴。
もちろんタウンユースやランニングにも使える機能性の高いTシャツやパンツもあり、小物なども充実している。
秋冬のアウターなどもカジュアルに着こなせるデザイン性の高さが魅力。



Marmotのおすすめアウトドアスタイル(キャンプ・BBQ)
チェックシャツがこなれたスタイルに!アウトドアでもオシャレに決める!

マーモット一覧を見る

米国オレゴン生まれのアウトドアブランドColumbia(コロンビア)

アメリカオレゴン州のポートランドで創業したコロンビアは、5つの理念(アウトドア、アクティブ、オーセンティック、アメリカン、バリュー)をコンセプトに、多種多様なアウトドア、アウトドアスポーツに対応したこだわりのアイテムを展開しています。
タウンユースとしても多くの人から愛されている王道のアウトドアブランドの1つです。
控えめなロゴを施したTシャツやパーカーなどは、アウトドアシーンだけでなく普段使いとしても使えるアイテムです。



コロンビア一覧を見る

米国オレゴン生まれのアウトドアブランドTHE NORTH FACE (ザ・ノース・フェイス)

THE NORTH FACEは1968年設立したアウトドアブランド。
当時は珍しかった最低何度の気温まで商品が快適に使用できるかを明記(最低温度規格表示)した機能性アウトドアの先駆け。
グースダウンを惜しげもなく使用したスリーピングバッグなど、徹底した生産管理などが当時から話題に。
いまではアウトドアNo.1の実力と、普段のカジュアル着として若者の間で人気を博したブランドに成長。
特に、人気のボックスロゴTeeやノースのブランドロゴが施されたアイテムはアウトドア、タウンユースにとどまらず人気があります。
ミッドでは商品によって3XL以上の希少サイズの取り扱いもあります。



ザ・ノース・フェイス一覧を見る

・こだわりたいのは「動きやすい」を実現するバックとシューズ

アウトドアシーンでウェアの次に初心者がこだわりたいのは靴とリュック。
何かと荷物が多くなりがちなアウトドア。
フットワーク軽く動きやすいを実現するには、鞄と靴のチョイスは結構大切です。

用途に合わせて使い分けたいアウトドア用バック

荷物をパンパンに詰めて、「いかにも」風を出してしまうのは少し恥ずかしい。
とはいえ、用意は万端にしておきたい。
そんな時に選びたいのは大容量でたくさん荷物を入れてもOKなリュック。


ちょっとしたBBQなど、軽めのアウトドアではかえって大きいリュックは敬遠されがち。
必要なものを身に着けておけると、様々な場面で行動がしやすいですよね。
そんな時に適しているのがヒップバック。
いちいち鞄を取りに行ったり、外したりという手間いらずなのがアウトドアシーンでは重宝されます。


汚れを意識しない色を選びたいアウトドアシーンで活躍する靴

本格的なトレッキングやアウトドアの場合にはしっかりと用途や目的に合わせた靴を選ぶのがマストではあるものの、BBQや軽めのキャンプではかえって本格シューズが浮いてしまうことも。

とはいえ、自然の中でのレジャーはどうしても汚れも気になるものです。
履きやすさや歩きやすさを重視するのはもちろんですが、BBQやキャンプなど軽めのアウトドアシーンでは色にこだわって靴を選ぶのがおすすめです。

汚れが目立ちにくいスニーカーは、安心して履くことができます。



鞄と靴以外にもこだわりたいのが帽子。
アウトドアシーンでは欠かせないヘッドウェアは、いつもかぶりなれていない人には少々ハードルが高いもの。
こちらも用途やシーズンに合わせてキャップやハットなどの形状を選ぶのがおすすめですが、タウンでも使えるNEW ERAシリーズのキャップは様々なカジュアルテイストに合うのでおすすめです。

NEW ERA(ニューエラ)キャップを見る

・キャンプ飯、BBQに必須のエプロン

アウトドア初心者が忍ばせておきたいのがエプロン。
BBQはもちろん、キャンプではキャンプ飯などを披露する場面もあります。
披露せずとも食事の手伝いをするのは周囲の好感度を高めるので、積極的に手伝うのがおすすめです。

そんな時にさりげなく使用したいのがエプロン。
大げさなものでなく、ビブエプロンのようなものもアウトドアの持ち物リストに加えておき、必要であればサッと着用すると周囲からの印象がグッと上がります。

さらに、キャンプ飯やBBQで使える簡単で満腹感のある料理をインプットしておくと最高です。
ミッドでは簡単、満腹、安いをコンセプトとした男飯=ミッド飯をご紹介しています。
蒙古タンメンを使った簡単グレードアップレシピや、簡単なのに一目おかれる野菜丸ごとレシピなど。
「ミッド飯」公式インスタグラムでご紹介中です。

ミッド飯

ぜひ、こちらからミッド飯をフォローしてアウトドアシーンでご活用ください。

ミッド飯インスタタグ

いかがでしたでしょうか?
今年キャンプやBBQをデビューする人向け、初心者が押さえておきたいアウトドアファッション3選でした。

アウトドアに関連するアイテムはこちらからチェックできます。
大きいサイズのアウトドアアイテムをもっと見る

このエントリーをはてなブックマークに追加

「大きいサイズのメンズ服」カテゴリーの記事

無料メールマガジン:MID e-NEWS 無料登録 / 解除

※大きいサイズのメンズ服、お得なイベント、お役立ち情報を無料配信!登録も解除もいつでも無料!

登録
性別
解除