注目カード目白押しの10.14への期待と9月末のアメリカ大会

2019年10月04日(金) 運営:大きいサイズのメンズ服専門店ミッド
このエントリーをはてなブックマークに追加

先月28日からアメリカの3会場で行われた「FIGHTING SPIRIT UNLEASHED」。
こちらも連日大盛況だったようですね。

大分、鹿児島、神戸で行われたばかりなのかタイトルマッチは少なめでしたが、NEVER無差別級王者戦とIWGPタッグ選手権試合が行われました。

NEVERは王者のKENTA選手に対し、挑戦者はYOSHI-HASHI選手。
突然ヒール転向し、最近はブーイングも起きるようになっているKENTA選手。
少し前まで主戦場だったアメリカ大会だけにどんな試合になるのか期待しているファンも多かったのではと思います。

新日本プロレス ライオンマーク長袖Tシャツ
新日本プロレス ライオンマーク長袖Tシャツ

YOSHI-HASHI選手も、何年も前から「崖っぷち」と言われていたのですが、とうとう今年は毎年出場していたG1にエントリーされず。奮起したのか今年に入ってから、注目が少しずつ集まるように。とはいえ、ヒールでもないYOSHI-HASHI選手にブーイングが飛んでいたのはなぜなのかは気になりましたが。結果は、KENTA選手の勝利で初防衛。今後は誰がこのベルトに絡んでいくのかが気になります。

そしてIWGPタッグ選手権試合は、6度目の防衛を果たしている絶対王者のゲリラズ・オブ・デスティニー(G,o.D)のタンガ・ロア選手とタマ・トンガ選手。挑戦者はSHO選手とYOH選手です。隙がないG,o.Dの戦いぶりに、SHO選手とYOH選手がコンビ技とそれぞれの持ち技を組み合わせて引けを取らない試合をしていたように思いました。両者ともバックステージでコメントもできているので、今後もジュニアのヘビー級参戦が増えてくる時には彼らにも声がかかるのではと期待させる試合でした。

そして一番注目の試合は2日目のニューヨーク大会のスペシャルタッグマッチではないでしょうか。

オカダ選手と飯伏選手のペアとSANADA選手とEVIL選手の注目選手ばかりでの試合です。

新日本プロレス L・I・Jニットキャップ
新日本プロレス L・I・Jニットキャップ

新日本プロレス L・I・Jパーカー
新日本プロレス L・I・Jパーカー

オカダ・カズチカCHAOS「Strongest Style」半袖Tシャツ
新日本プロレス CHAOS「Strongest Style」半袖Tシャツ

10.14でIWGP戦ではオカダ選手とSANADA選手が、1.4の挑戦権を賭けた試合では飯伏選手とEVIL選手が戦うことを考えるとワクワクしてきますよね。シングルマッチは今年のG1で見られましたが、とても見応えのある試合でした。

今回はEVIL選手が飯伏選手からフォールをとって勝利。
ここでEVIL選手が勝利することにより、10.14の行方がますますわからなくなってきますよね。
ちなみに10.7の後楽園大会でも同カードで4人が戦います。

新日本プロレス EVILパーカー
新日本プロレス EVILパーカー

sanada
新日本プロレス SANADA「OTRA」半袖Tシャツ

10.14でSANADA選手が王者になり、EVIL選手が挑戦権を勝ち取ったらロスインゴのチームメイト同士のタイトルマッチになりますよね。可能性は低いような気がしますが、そうなったら面白いなと思える期待の展開です。


新日本プロレス × SOUL SPORTS × ミッド大きいサイズの新日本プロレス × SOUL SPORTS × ミッドの商品一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

「新日本プロレス」カテゴリーの記事

無料メールマガジン:MID e-NEWS 無料登録 / 解除

※ブログ記事のようなお役立ち情報を毎週発信しています。ブログアクセスが面倒くさい方はどうぞ!

登録
性別
解除