秋フェスのススメ

2018年09月18日(火) 運営:大きいサイズのメンズ服専門店ミッド
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはミッド・インターナショナルです。

お客様より、様々なシーンでのコーディネートのご要望をいただきます。
比較的多くいただくご要望は

  • スーツ着用ではないビジネススタイル
  • 音楽フェスなどのイベントに参加する時のスタイル
  • アウトドアスタイル

の3つです。

特に全国的に開催の多くなってきた「音楽フェス」は、野外なのか屋内なのかでスタイルも異なりますし、あまりにも場違いな格好では浮いてしまうという不安がつきものです。
フェスと言うと夏フェスというイメージが強いのですが、最近では秋フェスも多く開催されているので、秋の音楽フェスに参加する際のスタイルをご紹介します。

秋フェス

秋フェススタイルにかかせないアイテムとは

秋フェスと言っても開催されるのは9月中がほとんどです。
まだまだ暑さも冷めやらぬ晩夏シーズン。
日中は酷暑や猛暑なんて日もあります。

とはいえ、秋なのだから秋らしい雰囲気を醸し出したいというのも本音。
まずは、定番のTシャツ+ハーフパンツというアイテムをベースに考えてみましょう。

いわゆる秋色夏アイテムを選ぶのがおすすめです。

秋色夏Tシャツ

PREPS半袖Tシャツ
PREPS 半袖Tシャツ(3L/4L/5L/6L/8L)

LE COQ SPORTIF ジオメトリック柄半袖Tシャツ
LE COQ SPORTIF ジオメトリック柄半袖Tシャツ(3L/4L/5L/6L)

秋色夏ハーフパンツ

 H by FIGER リップルカモフラ柄ハーフパンツ
H by FIGER リップルカモフラ柄ハーフパンツ(3L/4L/5L/6L)

OUTDOOR PRODUCTS インレイ裏毛裏プリントクロップドパンツ
OUTDOOR PRODUCTS インレイ裏毛裏プリントクロップドパンツ(3L/4L/5L/6L/8L)

機能性や涼感は夏、見た目は秋というのが残暑厳しい時期にはおすすめです。
屋外でも屋内でもフェスの際は何かと体の動きが激しくなることもあるので、極力動きやすい格好がおすすめです。

無難な秋フェススタイル

おしゃれにかっこよくというよりは、ひとまず秋フェスに参戦する際に最低限間違っていない格好をしたいのが本音です。
秋フェスに最適なアイテムはわかったものの、次のハードルは組み合わせ。

この組み合わせを間違えると悲劇的なことになってしまうかも・・・。

そこで、確実に間違ってはいない秋フェススタイルを一つご紹介します。
モノトーンでまとめたシンプルなネイティブスタイル
モノトーンでまとめたシンプルなネイティブスタイル

ロックな雰囲気漂う黒Tシャツにネイティブ調のハーフパンツ。
シンプルな組み合わせなのに、なんとなくそれっぽく見えてしまうのがネイティブ柄のマジックなんですね。
ちなみに、勇気が出せればハットやネックレスをあわせてみるとさらにフェス感が高まります。

小物はあくまでもシンプルにさりげなくあわせるのがポイントです。
ハットはTシャツやパンツのカラーリングにあわせた色をチョイスすれば間違いはないはすです。
このコーディネートの場合は黒のハットがばっちり合います。

やりすぎない、でもそれっぽく、これって永遠のテーマですよね。
ひとまず黒をメインに派手すぎない色や柄を合わせていけばひとまず間違いはない!といったスタイルが完成します。

2018年の秋フェスラインナップ

フェス

実は全国各地で開催されている秋の音楽フェス。
フェスって聞くと夏を想像してしまいがちなんですけど、穏やかな気候のせいもあり秋にもフェスが開催されているんですね。

音楽好きスタッフが注目している秋フェスを一挙リストアップしてみました。

まずは既に終了はしてしまったのですが来年の備忘録として

・Slow LIVE池上本門寺
今年で15年目を迎える大人の初秋フェス。良質な音楽を奏でるフェスとしてアーティストのラインナップもサニーデイ・サービスや、KIRINJI、笹川美和など実力個性派揃いです。

・Local Green Festival
赤レンガで開催される野外フェス。グリーンがコンセプトのNeo秋フェスです。大橋トリオやMONDO GROSSOの大沢伸一、MONKEY MAJIKなどが参戦。

続いては毎年注目の秋フェスラインナップです。

・KOYABU SONIC:9月15日16日17日
お笑い芸人小籔千豊が主催する笑いと音楽が融合した秋フェス。渡辺直美、FUJIWARAなどのお笑い芸人から、スチャダラパー、クリープハイプ、TOKYO No1. SOUL SETなど実力派アーティストが勢揃い。個人的にはEGO-WRAPPIN’の出演に注目をしています。

・山人音楽祭2018:9月22日23日
群馬県グリーンドーム前橋で開催される超ロックなお祭りフェス。アーティストもキュウソネコカミ、THE BACK HORN、サンボマスターなどロック魂炸裂なアーティストが盛りだくさん。スカパラも参戦するかなりノリノリなフェスです。

・中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2018:9月22日23日
MIDのある岐阜県で開催される太陽光発電によるクリーンでピースなロックフェス。なつかしのジュンスカやNICO Touches the Wall、GRAPEVINEなどおしゃれアーティストがロックを奏でます。

最後に、今年初開催となる注目のフェスです。

・THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL:10月7日
鹿児島県で行われる九州最南端のロックフェス。出演アーティストはなんと60組。椎名林檎、中島美嘉、Dragon Ash、THE BAWDIES、真心ブラザーズ、氣志團といった錚々たる顔ぶれ。

一気にご紹介をさせていただきましたが、この他にも秋フェスはまだまだあります。
秋フェスラインナップ

涼しくなった時期に、思いっきり音楽を楽しむ!
今年の秋はぜひぜひ秋フェスへ!

夏フェス特集ページもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「メンズファッション」カテゴリーの記事

無料メールマガジン:MID e-NEWS 無料登録 / 解除

※大きいサイズのメンズ服、お得なイベント、お役立ち情報を無料配信!登録も解除もいつでも無料!

登録
性別
解除