世界の炭水化物ブログ 2度目のマシッソヨォ~な韓国グルメ

2018年10月18日(木) 運営:大きいサイズのメンズ服専門店ミッド
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ミッド・インターナショナルの毛利です。

ミッドスタッフ

あっ、あはは、あははははは。
だいぶご無沙汰してしまって・・・・。あはは。

もう、引退したの?って思われた方もいらっしゃるかと・・・。
そんなことはございません。いつものことと思っていただけたら幸いです!

それにしても気まずい・・・。
前回の投稿からかなり時間があいてしまって、あきすぎてしまって、もはや連載終わったんじゃないかって世間の木枯らしよりも冷たい視線を感じています。

ここは挽回したいところなので、毛利が大得意の(そうだっけ?)韓国グルメをご紹介させていただきます。
10月のなんでもない日にお久しぶりの毛利の世界の炭水化物ブログ、張り切ってまいりましょう!

韓国の王道炭水化物と言えばキンパッ!

kimbap

炭水化物の王道と言えば、やっぱりお米!
韓国のブレックファースト的な存在?ファーストフード的な存在?として認識されているキンパは日本の海苔巻きとは異なる破壊力を持っています。

その破壊力の理由はごま油。
お米にごま油って、お風呂に入浴剤ぐらい尊い組み合わせですよね。
・・・。あれっ?同意の声が聞こえない。

とにかくこのごま油の風味と韓国のりと具材が絶妙にマッチングして、ポイポイッとおやつのように口の中にほおり投げています。
気がつけば、10キンパをマウスにインの状態でした。

韓国にはキンパ通りなるものもありそれぞれのお店で特色が違うのがポイントです。
ちなみに、毛利のお気に入りはロボットキンパ。

ロボットキンパ

仁川国際空港内にもお店を構えているので、日本に帰国する前にファイナルキンパを楽しめます。

ミノいりの絶品焼き飯は大人の炭水化物です

こちらもお米。
ミノいりの焼き飯です。

yakimeshi

コプチャン(ホルモン)の専門店で提供される焼き飯は、ホルモンいりでややピリ辛。
嘘です、わりと辛いです。

鉄板にのってやってくるのでかりっかりっな食感が味わえるのも嬉しいです。
熱くて辛いものっていくらでも食べれてしまうので不思議ですよね。えっ?気のせいですか?

この焼き飯はオバルタンっていうお店の焼き飯なんですけどホルモンがとにかく極上です。
ホルモン、焼き飯、ホルモン、焼き飯、焼き飯というルーチンが毛利の好みです。

ホルモンが美味しく食べられる自分ってなかなか大人だなって思いながら食べるとさらになんだかディープな味わいになります。

ホルモン焼き

あー、また食べたい。

具沢山のチヂミはれっきとした炭水化物グルメです

最後にどうしてもご紹介したかったのがチヂミ。
ここは最後も米だろうーってツッコミが入りそうですけど、これだけは紹介をさせていただきたい一品です。

粉物炭水化物の韓国代表といえば海鮮チヂミ。

チヂミ

ふわふわな生地が具材を包み込む、もうとにかく幸せしかないです。
お好み焼きとは違い、心なしか軽い口触りなのでこちらもすいすいと箸がすすみます。

韓国ではお酒の肴としてよく食べられるチヂミ。
マッコリバーなどでの提供が多いようです。
ちなみにマッコリもお米からできている発酵酒なのでこちらも炭水化物満載です。

ソウルの中心、明洞に新しくできたウォルヒャンというマッコリバーのチヂミが絶品なので、記録しておきます。

wolhtang

あ~、お腹空いた。

いかがでしたでしょうか?
久しぶりの毛利の炭水化物ブログ。

もう、次回のお約束はしないことにしておきます。
自由気ままにUPしていく、これが毛利の肌感にあっていると自覚しました。

こんなわがままな毛利を皆様お許しください。

でも年内は最低でもあと1回はご紹介していきたいと、心の憶測で野望が燃えています。

お読みいただきありがとうございました!

毛利の炭水化物ブログバックナンバーはこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ミッドスタッフ日記」カテゴリーの記事

無料メールマガジン:MID e-NEWS 無料登録 / 解除

※ブログ記事のようなお役立ち情報を毎週発信しています。ブログアクセスが面倒くさい方はどうぞ!

登録
性別
解除