加齢臭って、実は無くせる!悩むあなたに教えたい原因と解決策はコレ!

2018年07月06日(金) 運営:大きいサイズのメンズ服専門店ミッド
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ミッド体臭お悩み室の青木です。
男性特有の代表的な体臭には大きく分けて4種類あります。
1.汗臭
2.ミドル脂臭
3.加齢臭
4.足臭

あなたはどんなニオイがするのでしょうか?
ほとんどの人は複数のニオイを併せ持つはずです。
セルフチェックであなたの体臭を突き止めよう!ミドル脂臭、汗臭、加齢臭、足臭どれにあてはまる?

男性が30代くらいから怯え始める加齢臭。男性が一番恐れるニオイのようですね。
でも女性目線から言いますと、加齢臭は他の体臭ほど気になりません。
女性が最も苦手なのは「ミドル脂臭」です。加齢臭は他のニオイほど強くもないですし、ニオイもそこまで不快でもないです。
とは言っても「年を重ねた証拠のように感じるから加齢臭を遠ざけたい」というお気持ちはとてもよく分かります。

安心してくださいね。加齢臭は改善できます!
もっと言えば、加齢臭は他の体臭よりも解決しやすいです。
そうなんです。無くせるんですよ、加齢臭って。詳しく見ていきましょう。

加齢臭の発生箇所

加齢臭の発生箇所
背中や胸が中心

加齢臭とは

ニオイの表現が様々ですが、干草、古本、ロウソク、押し入れなどのニオイがします。
特に嫌なイメージがないニオイですが、ミドル脂臭と混ざって油っぽさを感じることもあります。
年代的には、50代半ば以降から本格的に発生します。これは皮脂腺の中にあるパルミトレイン酸という脂肪酸が年齢と共に増加をするから。このパルミトレイン酸が空気に触れ酸化することで、2-ノネナールというニオイ成分が発生し加齢臭になります。
また体内の活性酸素が増えても皮脂の酸化が進行するので、活性酸素対策も必要です。

加齢臭

加齢臭の特長

・タバコ、お酒、コーヒーをよくたしなむ
・ストレスを強く感じている
・入浴はシャワーで済ませがち
・スーツなど同じ服を何日も着る
・背中や体に吹き出物ができている

◎タバコ、お酒、コーヒーをよくたしなむ

紫外線や喫煙、過度な飲酒、激しい運動は、体内の活性酸素が増える原因。皮脂の酸化が進むため加齢臭がしやすくなります。
また、コーヒーを1日で何杯も飲むと加齢臭を強くするとも言われています。

◎ストレスを強く感じている

環境や人間関係など、いろいろなシーンでストレスは誰しも抱えるものです。
でも過度なストレスがかかると、身体のバランスを崩したり、体内の様々な機能を発動させてしまいます。
体がストレスに対応しようとするのですね。その1つが皮脂の分泌量の増加です。皮脂の酸化も活発になり、ニオイが発生しやすくなります。

ストレスを強く感じている

◎入浴はシャワーで済ませがち

皮脂の酸化により、背中を中心に加齢臭が発生します。
手の届きにくい箇所の上、酸化した皮脂は意外と頑固で、短い時間になりがちなシャワーではなかなか落としきることが難しいです。
加齢臭が強い日とそうでない日がある方は、洗いモレが原因のことも多いです。

◎スーツなど同じ服を何日も着る

入浴の背中の洗い残しなどで酸化した皮脂が残ると、ニオイは衣類に移ります。ニオイは蓄積され続けるため、毎日同じスーツなどを着る方は特に注意が必要です。

スーツなど同じ服を何日も着る

◎背中や体に吹き出物ができている

皮脂が落としきれていないサインかも。
酸化した過剰な皮脂が肌に残ると、毛穴詰まりを起こすなどで吹き出物ができやすくなります。加齢臭が出やすくなっている状況です。

加齢臭の解決策

直接的な加齢臭解決ポイントは2つです!
・皮脂を抑える
・皮脂が酸化する前に除く

<加齢臭対策1>1番臭う背中をよく洗う。

ニオイ元の酸化した皮脂が落としきれていないと、加齢臭が背中と胸元から発生します。特に背中は広範囲にわたってニオイが発生しますので、肩甲骨の間をしっかり洗いましょう。
背中は自分でニオイを嗅ぎにくい上に洗いにくい箇所なので、ロングサイズのナイロンタオルを使うのがおススメです。大きな体の方が楽に背中を洗える長さですよ。
寝具やパジャマにニオイ移りしたり、皮脂を落とすのが大変にならないように、朝よりも夜に体を洗うのがおススメです。

ナイロンタオル(かため)
ナイロンタオル(かため)

<加齢臭対策2>皮脂が酸化しなければ加齢臭はしない。

極端な話ですが、皮脂が酸化しなければ加齢臭はしないとも言えます。
ストレスなどで加速しなければ通常、皮脂が酸化するまでにかかる時間は6時間ほどと言われています。
夜お風呂に入った肌であれば、皮脂が分泌されて増えていくのが昼前~日中。そこから皮脂が約6時間で酸化するので帰宅タイムくらいまでニオイを発生させずに済ますことができます。
大切なのは、夜の入浴時に皮脂をしっかり洗い流しておくこと。加齢臭は背中と衣類に蓄積されていきますから、とにかくニオイ元を溜めなことがポイントです。
日々の洗浄ができていれば、多少の皮脂が酸化して加齢臭が発生しても周囲は気が付かない程度でしょう。入浴時には一般的な保湿成分重視のボディーソープではなく、女性よりも皮脂が多い男性向けに作られている、メンズ専用ボディーソープ

ソフティモ メンズクールボディソープ(クールシトラス)
ソフティモ メンズクールボディソープ(クールシトラス)

<加齢臭対策3>皮脂の酸化を抑える有酸素運動

加齢臭は、皮脂の酸化でニオイ成分が発生します。皮脂の分泌量が増えたり体内の活性酸素が増えると酸化が進んでしまいます。
活性酸素を抑えるために、ウォーキングや水泳などの有酸素運動をしてみましょう。
ゆっくり深い呼吸をしながら、酸素をたっぷり体に取り込めるので効果的です。身体にも良く、ニオイ対策にもなるなんて一石二鳥ですね。
健康とダイエット効果を上げる!体が大きい人のウォーキング

普段から気を付けたい加齢臭予防策

加齢臭は他の体臭とは異なり、生活のちょっとした改善ですぐに効果がでやすいニオイです。
とは言え止めるとすぐ再発するので習慣づけたいですね。他にも普段からこんな工夫もできますよ。

抗酸化作用のある食品を意識して摂る

ビタミンCやEを多く含む野菜や果物は、皮脂の分泌や酸化を抑える効果があると言われています。喫煙や飲酒が多い方はビタミンCを大量に消費してしまい加齢臭が強くなる傾向があるようですので、思い当たる方は特にたっぷり摂るのが良さそうです。

野菜

洗濯はこまめに

ニオイの原因物質は衣類に蓄積されやすいです。
消臭スプレーを思いつかれる方も多いと思いますが、ニオイ元が残る限り加齢臭は隠せません。なるべくこまめな洗濯をしましょう。スーツなどもウォッシャブルタイプを選ぶと安心ですね。
衣類の繊維の奥に入り込んだニオイまで消臭するには、酸素系漂白剤もおススメです。粉末タイプと液体タイプ、弱酸性と弱アルカリ性がありますが、いずれも色柄物に使えます。(ただし粉末タイプはウールやシルクなどのデリケート素材には使えません)
40℃くらいのお湯に酸素系漂白剤を溶かし入れ、衣類を少し浸けて置いた後、洗濯機でいつもの洗剤と一緒にまわせばOKです。

酸素系漂白剤

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ニオイ・汗・体質の悩み」カテゴリーの記事

無料メールマガジン:MID e-NEWS 無料登録 / 解除

※ブログ記事のようなお役立ち情報を毎週発信しています。ブログアクセスが面倒くさい方はどうぞ!

登録
性別
解除