加齢臭よりも臭いミドル脂臭!働き盛りのあなたを悩ます原因と解決策はコレ!

2018年07月19日(木) 運営:大きいサイズのメンズ服専門店ミッド
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ミッド体臭お悩み室の青木です。
好んで体臭を発したい人など、もちろんいませんよね。
ですが自分が知らない間に「自分」が、心当たりのない体臭で損をしてしまっていることがあるかもしれません。
なかなか自分の体臭って、分からないものです。

そんなやるせない状況打破のために、以前のブログ「セルフチェックで、あなたの体臭を突き止めよう!」では、自分の体臭がどれに当てはまるのかを見て頂きました。

その体臭がこちら。
汗臭
・ミドル脂臭
加齢臭
足臭

前回は「汗臭」の改善方法をご紹介しました。
今回は「ミドル脂臭」の改善方法へ進みましょう!そう。体臭は改善できます!

ミドル脂臭の発生個所

後頭部、首の後ろ
後頭部、首の後ろ

ミドル脂臭とは

古い油のようなニオイが、後頭部や首の後ろを中心に発生します。
加齢臭とは異なる30代半ば~40代半ばに強くなるニオイとして、株式会社マンダムさんが原因物質を「ジアセチル」と特定し、ミドル脂臭と名づけました。
ジアセチルは、皮膚のブドウ球菌が汗に含まれる乳酸を栄養にして発生し、酸化した皮脂などと混ざってミドル脂臭になります。
頭皮は顔などと比べても皮脂腺や汗腺が多いので、前よりも後頭部を中心に皮脂が溜まります。それで後頭部や首後ろのニオイが強くなるのです。
また加齢臭よりもミドル脂臭は、女性が苦手なニオイと言われています。
ミドル脂臭

ミドル脂臭の特長

加齢臭と併せ持つ方もみえると思いますが、ミドル脂臭のある方にはこんな特長があります。

<ミドル脂臭がある人の特長>

・枕が臭い
・頭皮が脂っぽい、ベタベタする
・髪の毛が濡れたまま放置しがち
・シャンプー時間が3分未満
・毎日、喫煙やお酒を飲んでいる

◎枕が臭い

後頭部や首の後ろを中心にミドル脂臭が発生するため、枕にニオイが移っている可能性があります。枕以上に、後頭部はニオイが強いはずです。シャンプーをして就寝したのに枕が臭い場合は、シャンプーで皮脂が洗い落しきれていないのかもしれません。

◎頭皮が脂っぽい、ベタベタする

ミドル脂臭は頭皮の皮脂に蓄積されていきます。頭皮を指で触れてすぐ脂っぽさを感じるなら、ミドル脂臭がすでに発生しているはず。汗などと混じるとさらにニオイが強くなります。
頭皮が脂っぽい、ベタベタする

◎髪の毛を濡れたまま放置しがち

髪の毛が濡れたままの状態だと、頭皮にニオイ菌が増殖してしまいます。髪の毛から生乾き臭がする場合はほとんどが、タオルドライをしていないことが原因。加えて頭皮が蒸れることで皮脂が増え、ミドル脂臭がミックスされてニオイが強くなります。

◎シャンプー時間が3分未満

粘性の皮脂汚れを充分に落とせていない可能性があります。皮脂やミドル脂臭は蓄積されていきますので、シャンプーを簡単に済ませてしまうとどんどん落としにくくなります。夜シャンプーをしたのに翌朝枕がにおうなら、下でもご紹介しているシャンプー方法をおススメします。

◎毎日、喫煙やお酒を飲んでいる

タバコに含まれるニコチンは、頭皮脂の分泌を促す作用があると言われています。またアルコールも摂取量が多いと毛細血管が拡張して皮脂が活発に分泌されます。頭皮脂が増えればミドル脂臭が増えやすくなります。
喫煙

ミドル脂臭の解決策

直接的なミドル脂臭解決ポイントは3つです!
・ニオイ元を除去
・シャンプー前の湯洗い
・男性用ボディーソープで皮脂を落とす

<ミドル脂臭対策1> ニオイ元は頭皮や後頭部。拭き取りをこまめに

30代半ば~40代半ばの方は特に皮脂の分泌も多くベタツキやすいです。皮脂腺が多くニオイが蓄積されやすい頭皮や後頭部付近を、タオルやボディペーパーなどでこまめに拭き取るようにしましょう。皮脂と汗が混じり合う前になるべく除去すればニオイは抑えられます。整髪料を使用される方は、頭皮を清潔にしてからにしましょう。汗と皮脂がにじむ頭に使用すると、整髪料とミドル脂臭が混じりニオイがとても強くなります。

GATSBY バイオコア デオドラントボディペーパー(無香料)30枚入
GATSBY バイオコア デオドラントボディペーパー(無香料)30枚入

<ミドル脂臭対策2> 髪をまず湯で3分予洗い、それからシャンプー

ミドル脂臭は頭皮脂に溜まりますから丁寧に落としきらないといけません。まずは、シャンプー前に、たっぷり3分ほどお湯だけで頭皮を洗いましょう。(整髪料などを使用している方はもう少し長めに洗って下さいね。)それからシャンプーをします。湯の予洗いをすると髪の毛の大体の汚れは落とされるので、シャンプー剤の効果が発揮され残った皮脂が除去されやすくなります。このひと手間で、ミドル脂臭はかなり抑えられるようになりますよ。
シャンプー液剤は髪に残ると毛穴をふさいで皮脂が溜まりやすくなりますので、すすぎは念入りに。すすぎ残しがないように、シャンプー液を使い過ぎないのもミドル脂臭を抑えるポイントです。
汗かきさんの大事なシャンプーケア

<ミドル脂臭対策3> 耳の裏、首の裏もメンズ専用ソープでよく洗う

ソフティモ メンズクールボディソープ
ミドル脂臭は粘性が高い皮脂(あぶら)ですので、湯だけでは落としにくいです。
ミドル脂臭が多く発生する耳の裏や、首の裏・襟足も洗浄力の高い石鹸などでよく落としましょう。
男性はもともと女性よりも皮脂量が多いですから、保湿成分の高い女性向けボディーソープではベタつきが残りがちです。男性用のボディーソープなどがおススメです。
例えばミッドで扱っているソフティモ メンズクールボディソープ(クールシトラス) は、皮脂汚れをジュワッと落としきるボディーソープ。男性特有の皮脂汚れ落としに特化したアイテムです。

普段から気を付けたい、ミドル脂臭予防策

ミドル脂臭は蓄積されやすいニオイです。
体をキレイにするだけではなく、ニオイが移る衣類や寝具などにも注意が必要です。また皮脂が過剰に分泌されない食事や適度な運動も心がけたいところです。

<衣類に染みついたニオイを消す>

酸素系漂白剤
皮脂をキレイに洗い流しても、衣類にニオイが残っていては全て台無しです。
繊維の奥に入り込んだニオイまで消臭するには、酸素系漂白剤がおススメです。
粉末タイプと液体タイプ、弱酸性と弱アルカリ性がありますが、いずれも色柄物に使えます。(ただし粉末タイプはウールやシルクなどのデリケート素材には使えません)
40℃くらいのお湯に酸素系漂白剤を溶かし入れ、衣類を少し浸けて置いた後、洗濯機でいつもの洗剤と一緒にまわせばOKです。

<食事と運動>

脂質の多い偏った食事は皮脂量を増やします。頭皮や髪の栄養になるタンパク質やビタミンなどもバランスよく食べましょう。
また皮脂が溜まりにくい健康な頭皮を作るには、適度な運動で新陳代謝を促す必要があります。激しい運動よりも、ウォーキングのような無理のない有酸素運動がおススメです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ニオイ・汗・体質の悩み」カテゴリーの記事

無料メールマガジン:MID e-NEWS 無料登録 / 解除

※ブログ記事のようなお役立ち情報を毎週発信しています。ブログアクセスが面倒くさい方はどうぞ!

登録
性別
解除