結婚式に着用するネクタイ!普段と違う大人のマナー

2017年11月28日(火) 運営:大きいサイズのメンズ服専門店ミッド
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、毛利です。結婚式に参加するお客様から質問をいただきました。

結婚式に出席するのですが、普段ネクタイをしないのでどんなものを選んだらいいのか分かりません。

結婚式に出席するとき、どんなネクタイをしていけばいいのか悩んだ経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。
大切な人を祝福する大事な場所なので、失礼がないようにしたいですよね。
そこで結婚式でのネクタイマナーについて色々調べてみました。

結婚式に最も相応しいとされているのは白のネクタイ

ロングサイズネクタイ
ロングサイズネクタイ

親族側として出席する場合や目上の方の結婚式に出席する場合、会場が格式高い場所の場合は白のネクタイを選べば間違いありません。
素材はシルクやサテンなどの光沢があるものが◎
シルクはシワになりにくく、シワになっても戻りが早いので動作が大きいビッグメンも安心です!

ミッドで取り扱っている上図の白ネクタイはロングサイズ(3L:総丈150センチ/4L:総丈160センチ)なんですよ。
レギュラーサイズのネクタイ(140センチ)だと短くてネクタイの剣先がベルトのバックル部分まで届かなくて不格好になる・・・という方にもオススメなんです。
首が太い方や、お腹がポッコリしている方にはロングサイズがピッタリ!

また、ミッドでは多数の色柄を取り揃えたロングネクタイもあるんです。
カラーや柄の種類が多いため、ご注文の際はご希望の色や柄など教えていただけますでしょうか。
スタッフがご希望に合わせてネクタイを選ばせていただきます。
また、そのネクタイの画像をメールでご提案させていただきますので、ぜひお気軽に電話やメールでご連絡くださいね!
※在庫状況によりご希望に添えない場合がございますのでご了承ください。

白に近いシルバーやライトグレーもオススメ

白に近いシルバーやライトグレーネクタイ

友人や同僚といった立場で出席する場合は、ストライプ柄やチェック柄、ドット柄などの定番の柄であれば、柄物でもOKになってきています。
暑苦しい印象を与えてしまうような派手で大きな柄は避けて、シンプルで細かいものを選ぶとスマートに見えますよ。

フォーマルなカラーネクタイをする人も増えています

フォーマルなカラーネクタイ

昔はマナー違反とされていましたが、最近は受け入れられています。
華やかな印象を与えるパステルカラーのブルーやピンク、イエローやグリーンなどが人気色ですが、顔の近くにあるネクタイを膨張色にしてしまうと顔が大きく見えてしまうので注意が必要です。
ビッグメンにオススメなのは引き締まって見えるブルーなどの寒色系の収縮色です!

また、結婚式に出席するときのネクタイは色や柄だけではなく、幅にも気を付ける必要があることをご存じでしょうか。
モード感の強い流行りの細いタイプは避けて、剣幅(横幅)が9.5センチ(±1センチ)までのものが好ましいです。
少し太いと思われるかもしれませんが、太いネクタイのほうが顔の大きさとの対比効果で顔が小さく見えます!

なお、絶対にNGなのは黒のネクタイです。
弔事をイメージする人も多いので結婚式のようなおめでたい席には不向きです。
また、アニマル柄は殺生をイメージさせてしまいますので、避けたほうが良いと言われています。
その他、結婚式のマナーについてブログでも紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

結婚式に呼ばれたら・・・男性ゲストのマナーについて

いかがでしたか?
私は初めて友達の結婚式に出席した時に光沢感のある素材の黒色のスーツを着ていったのですが、周りは華やかな色のドレスを着た人が多く、浮いてしまったことがあります(汗)。
このとき、場の雰囲気に合った服装をすることが大人としてのマナーだなと感じました。
みなさんも会場や主催者との関係によって、相応しいネクタイを選べば素敵なビッグメンです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ミッドスタッフ日記」カテゴリーの記事

無料メールマガジン:MID e-NEWS 無料登録 / 解除

※ブログ記事のようなお役立ち情報を毎週発信しています。ブログアクセスが面倒くさい方はどうぞ!

登録
性別
解除