このエントリーをはてなブックマークに追加

いびきをかきやすい人ってこんな人?当てはまるなら注意して!

2017年03月13日(月)

こんにちは。ビール生中2杯の夜はいびき確定の青木です。
いろんな病気のサインにもなる「いびき」。
無意識に出るものですから、気が付きにくいのが悩みですよね。

青木も全く自覚がありませんが、初めてアプリで寝言を再生したとき。とても驚きました。
アマゾンの密林ジャングルの茂みから、大きな獣が威嚇をしています!
そう思いたかったのですが、いえ、私のいびきでした。
しつこいかもしれませんが、全く いびきをかいている自覚はないんです。

そう思うといびきって、人から指摘されて初めて気が付くケースの方が多いかもしれません。
家族と一緒に寝ている人は、迷惑をかけていないか気になりますよね。
いびき がひどいと・・。

奥さんに寝室を追い出されてしまったり?
飼い猫が一緒に寝てくれなくなったり?

そんな悲劇が起こる前に、ここは早めに解決をしたいものですよね!
でも、いびきをかく人と、かかない人がいるようですよ?
この差になにか解決のヒントがありそうですね。ちょっと考えてみましょう。

居眠り

いびきって結局なに?

そもそも いびきとは何でしょうね?
寝ている時に「ぐごーっ」って大声を出すことでしょー?
くらいに青木は思っていました。

でも実はちょっと違うようです。
少し詳しく説明しますと、睡眠中は筋肉が休み緩んでいるため、気道が支えられず狭くなっています。
でも狭くなった気道を使って呼吸は続けなければいけません。狭くなった分、空気を大急ぎで取り込むことになるので空気抵抗が大きくなり、気道の粘膜が震えて音が出るのです。
いびきって、気道が狭くて出る音だったんですね。

体が大きいサイズのミドルエイジが いびきをかきやすい理由

睡眠時に気道が狭くなっていびきをかくなら。
じゃあ、なんでいびきをかかない人がいるのー?と思われるかもしれませんね。
しかしこれにも理由が。

いびきの音が出る理由の「気道を通る空気抵抗で、気道の粘膜が震えるから」というこの現象、実は特定の人にしか起こりません。
通常は、睡眠で筋肉が弛緩し気道が狭くなるとはいえ、問題なく空気が流れる程度の通り道は確保されているのです。

つまり、いびきが起こってしまう=気道が通常より狭くなっている!
そんな状況になってしまっているのは、こんな人でした!

<いびきをかきやすい人>

・ぽっちゃり体型

気道や首回りに脂肪がつきやすいので、気道が圧迫されてより狭くなります。

・疲労やストレスを抱えている

体が疲れていると、いつも以上に筋肉が弛緩するために気道がより狭くなります。
また体の疲れやストレスが大きいほど、人間の体は睡眠時に多くの酸素を取り込もうとするので、鼻呼吸だけでなく口呼吸もしがち。口呼吸をすると喉周辺の粘膜が空気で振動するので音がでます。

・加齢

加齢に伴い体全身の筋肉が緩みます。喉や舌の筋肉が衰えることで気道を支える筋肉も緩み、気道がより狭くなったり口呼吸が多くなります。

・口呼吸

普段から口呼吸をしがちな人は、舌の筋肉が衰えていることが多く、睡眠時も舌が気道をふさいで狭くしてしまう傾向です。また口呼吸そのものが、喉周辺の粘膜を空気で振動させるので いびきが出ます。

・アルコールを飲む機会が多い

飲酒をすると通常よりも筋肉が緩み、気道がより狭くます。また、体がアルコールを分解するのに大量の酸素を必要とするため呼吸が大きくなり、気道に空気抵抗がかかったり粘膜が震えやすくなります。口呼吸にもなりがちですね。

ビール

なんてことだー。
ほとんどが、働き盛りのぽっちゃり体型な私たちに当てはまってしまーう!
ストレス社会で働くしかないし、年はどうしてもとるし、接待だってあるし、体型なんか一番どうしようもない気がするー!

私たち、どうやって いびきを改善したら良いでしょうか?
実は方法、ちゃんとあるんです。

詳しくはこちらのブログチェックしてくださいね♪
自分にあったいびき改善方法!病気のサインかも?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ニオイ・汗・体質の悩み」カテゴリーの記事

無料メールマガジン:MID e-NEWS 無料登録 / 解除

※ブログ記事のようなお役立ち情報を毎週発信しています。ブログアクセスが面倒くさい方はどうぞ!

登録
性別
解除