着ぶくれなど冬コーデのお悩み解消!タイプ別アウターの着こなし

2016年12月03日(土) 運営:大きいサイズのメンズ服専門店ミッド
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。カスタマーサポートの伊藤です。
東京では観測史上初めて11月中に積雪が観測された今年、全国的にも寒さが厳しくなりそうですね。

スタッフ伊藤
近くに暖かそうなアウターあったので、思わず着てしまいました。(ちょっと大きいですね・・・。)
あったか~い!!!
お出かけの時にアウターが必須になりつつありますが、アウター1枚がコーディネートを左右することもありますよね。

トップスとボトムスを合わせてバッチリ!と思ってコートを羽織ったら、なんだか野暮ったくなってしまった。
そんな経験ありませんか?

アウターも重要なコーディネートアイテムの一つ!
例えば、ダウンジャケットは写真でも軽くてアウトドア向けのイメージがありますし、ハーフコートは重厚感があります。

それぞれのタイプを無視してコーディネートしてしまうと、着ぶくれして見えたり、全体的に重~い印象になってしまったり。
そうなると、お出かけ中も自分の服装がいつも気になって、楽しめないですよね。

では、アウターをどうやって着こなせばいいのでしょうか?
そこで今回、アウターのタイプ別にコーディネートをご紹介したいと思います。

1.ダウンジャケットの場合

ダウンジャケットは軽くて暖かいのがメリットですが、中の羽毛が空気を含んで膨らみ、予想以上に着ぶくれして見えることも。
そんな時には、インナーやボトムスに引き締め効果のあるカラーリングや、細目のデザインのものを持ってくるのがポイントです。

まとまりあるカラーリングで大人アウトドア
まとまりあるカラーリングで大人アウトドア

このコーディネートでは、ダウンジャケットの下に、グレーのセーターとブラックのパンツを合わせて落ち着いたコーディネートに仕上げました。

2.重厚感のあるハーフコートの場合

このハーフコートは装飾も施されていて重厚感があるため、ボトムスに暗めの色を持ってくると全体の印象が重くなりがちです。
そこで、今回は思い切ってホワイトのパンツを組み合わせました。

透明感のあるリッチスタイルコーデ!
透明感のあるリッチスタイルコーデ

お互いに引き立てあって明るさのあるコーディネートに仕上がっています。

3.シンプルなトレンチコートの場合

シンプルなブラックのトレンチコートは、ビジネスにピッタリの一着です。
ですがシンプルな分、全身黒ずくめになってしまうことも。
明るいカラーのシャツやネクタイを合わせて、襟元から覗かせるとおしゃれに決
まります。

品格あるトレンチコートスタイル
品格あるトレンチコートスタイル

また、コートのボタンを開けてラフに羽織ることで、ビジネスだけでなくカジュアルにも着こなすことができますよ。

メリハリあるプレッピースタイル
メリハリあるプレッピースタイル

いかがでしょうか?
着こなしのポイントを押さえて、冬コーデを楽しんでくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「着こなし」カテゴリーの記事

無料メールマガジン:MID e-NEWS 無料登録 / 解除

※ブログ記事のようなお役立ち情報を毎週発信しています。ブログアクセスが面倒くさい方はどうぞ!

登録
性別
解除