【猛暑&熱中症対策】暑い日こそ重ね着!シャツやTシャツの下にもう1枚着る

2016年08月22日(月) 運営:大きいサイズのメンズ服専門店ミッド
このエントリーをはてなブックマークに追加

汗拭きタオルが手放せない堀です。うっかりタオルを忘れてしまった日はティッシュペーパーを代用して大変なことに・・・(泣)

一度汗をかいてしまうとなかなか止まらないので困りますよね。では汗をかいても快適に過ごすにはどうしたら良いでしょうか?

汗かき

たとえば締め付けのないゆったりサイズの大きいTシャツを着てみたり、透けない程度に生地が薄めのTシャツやシャツを着てみたり。

などなど、確かに皮膚と服との間に隙間ができると通気性が良くなったり、生地が薄いことで汗を早く乾かしてベタつき感を軽減してくれるかもしれません。

でもそれだけでは猛暑を乗り切れそうにはありません。もっと画期的な方法がないのか調べてみました。

すると思いがけない事実が・・・

夏こそ重ね着

暑い日こそ薄着をしたいところですが、重ね着をするともっと快適になるんです!蒸し暑い時ほどTシャツやシャツの下にインナーを着る。

大きいサイズのメンズ Phiten Vネックスリーブレス
Phiten Vネックスリーブレス

「 え?暑いのにもう1枚着るの?! 」という声がどこからか聞こえてきそうですが本当なんです!1枚着るには理由があります。そこには汗をかく理由と深い関係があることが分かりました。

どうして汗をかくのか

汗をかく理由の一つに体温調節があります。汗をかくことで体温を下げています。身体をクールダウンするために「汗」はとても重要な働きをしています。汗をかかないと涼しくならないということになります。

その反面、汗によるベタつきや汗ジミ、汗のニオイなど様々なトラブルで悩まされるのも事実。そこで汗をかくデメリットを減らすためにもインナーが必要になります。

インナーを着るとどうして快適になるのか

体に程よくフィットしたインナーを着ると、汗をインナーが吸収してくれるのはもちろん体温の上昇を抑えてくれます。

インナーが汗を吸うため、皮膚温度が低くなり、体からの熱も多く放散されて体温の上昇を調節してくれます!その結果、無駄な汗をかかなくて済みます。

また、インナーによって汗を素早く吸収して外に発散してくれるため汗のニオイや肌へのベタつきも軽減します。インナーと一言でいっても様々な種類があります。

大きいサイズ 吸水速乾インナー(税抜 1,900円)
大きいサイズ 抗菌防臭インナー(税抜 3,900円)
大きいサイズ 吸水速乾+消臭インナー(税抜 2,700円~)

大きいサイズのメンズ PUMAドライハニカム半袖Tシャツ
PUMA DRYハニカム半袖Tシャツ

大量の汗をかいてもインナーが吸収してくれるため上に着ているTシャツやシャツに響かないのも嬉しいです。インナーとシャツやTシャツの間に隙間ができて、通気性も良くなり涼しさを感じることができますよ!

ぜひ暑い日の外出はインナーの着用して試してみてください!!

熱中症対策 COOL BAND(クールバンド)
スポーツ後のアイシングや熱中症対策にマイナス5℃の泡!クールバンド

このエントリーをはてなブックマークに追加

「Tシャツ」カテゴリーの記事

無料メールマガジン:MID e-NEWS 無料登録 / 解除

※大きいサイズのメンズ服、お得なイベント、お役立ち情報を無料配信!登録も解除もいつでも無料!

登録
性別
解除